セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの実質負担コスト低下へ。でも一発でもっと下げられる方法も……!?

セゾン投信

個人投資家に人気の低コストバランスファンド「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」について、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子氏によると、9/10より実質負担コストが下がるとのこと。

セゾン投信が設定・運用するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの実質的な(投資対象先の運用管理費を含む)信託報酬が9/10から引き下げられるそうです。

旧:0.74%±0.03%/年(概算)

新:0.69%±0.03%/年(概算)

現在発売中の『日経ヴェリタス』の記事に記載されていたため、問い合わせたところ、9/10からの実質的な運用管理費用(信託報酬)の引き下げは事実とのこと。正確にいうと「信託報酬の引き下げ」ではなく、投資先のバンガードのファンドの運用管理費の低減分を反映させたものです。
About Money,Today より引用)



投資家にとって、運用コストが下がることは良いことです。セゾン投信さん、グッジョブ!

セゾン投信がコスト引き下げをするのは、5年前に引き続き今回2度目です。

2010/03/10 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」実質信託報酬値下げ! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

当時も、今回同様、投資先のバンガードファンドの運用管理費の低減分を反映させたものでした。私が中野社長に「もっとアピールすればいいのに」とお話したところ、「自分たちの力ではないので、あんまり偉そうに自分から言うのもねぇ」と控えめな回答だったのを覚えています。

ところで、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの投資先は、バンガードのインデックスファンド(アイルランド籍)でかなり低コストではありますが、これをバンガードETFに入れ替えるだけで、更なる運用コスト引き下げが可能になるはずです。私の単純計算では、投資先ファンドの運用コストが、ざっと「半分以下」になります。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの更なる低コスト化を希望する投資家たちは、セゾン投信に、投資先のETF化を要望してみてもよいのではないでしょうか。


<ご参考>
上記のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが購入できるセゾン投信は、以下から口座開設できます(無料)
セゾン投信


関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)