信託銀行が投信の手数料低下につながる(かもしれない)事業開始

水瀬ケンイチ

support-487506_640.jpg

日本経済新聞WEB版に、信託銀行が海外投信の価格算出を補助する事業を始めるという記事が掲載されていました。



信託銀、海外投信の設定後押し 価格算出を補助  :日本経済新聞
 日本マスタートラスト信託銀行は外国証券で運用する投資信託を国内で組成しやすくする事業を始める。投信を設定する運用会社が単独で担ってきた投信価格の算出作業を手伝う。国内の低金利を背景に、個人投資家の海外資産への投資意欲は近年強まっている。運用会社は管理負担の軽減によって新商品を開発したり、手数料を下げたりしやすくなる。


投信運営の事務処理サポートのようですが、これによって運用会社が手数料を下げやすくなるのであれば、投資家としても大歓迎です。手数料が投信のパフォーマンスに与える影響は大きいですので。

さらに、記事の後半では、「第三者の目が入り、運用会社が恣意的に価格を動かすリスクが低減される」ともあります。

これでどれだけ運用会社の管理負担が減るの私たちにはかわかりませんが、投信のコスト低減と透明性向上に資するかもしれないということであれば、あわせて注目したいと思います。

世界でもコストが高いと評判が悪い日本の投資信託(関連記事)ですから、地味なところからコツコツと改善していくことは大切だと思います。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ