信託銀行が投信の手数料低下につながる(かもしれない)事業開始

support-487506_640.jpg

日本経済新聞WEB版に、信託銀行が海外投信の価格算出を補助する事業を始めるという記事が掲載されていました。

信託銀、海外投信の設定後押し 価格算出を補助  :日本経済新聞
 日本マスタートラスト信託銀行は外国証券で運用する投資信託を国内で組成しやすくする事業を始める。投信を設定する運用会社が単独で担ってきた投信価格の算出作業を手伝う。国内の低金利を背景に、個人投資家の海外資産への投資意欲は近年強まっている。運用会社は管理負担の軽減によって新商品を開発したり、手数料を下げたりしやすくなる。


投信運営の事務処理サポートのようですが、これによって運用会社が手数料を下げやすくなるのであれば、投資家としても大歓迎です。手数料が投信のパフォーマンスに与える影響は大きいですので。

さらに、記事の後半では、「第三者の目が入り、運用会社が恣意的に価格を動かすリスクが低減される」ともあります。

これでどれだけ運用会社の管理負担が減るの私たちにはかわかりませんが、投信のコスト低減と透明性向上に資するかもしれないということであれば、あわせて注目したいと思います。

世界でもコストが高いと評判が悪い日本の投資信託(関連記事)ですから、地味なところからコツコツと改善していくことは大切だと思います。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)