サッカーカンボジア代表を応援した夜

photo20150906_1.png

先日、サッカーワールドカップ アジア2次予選、日本代表対カンボジア代表戦を埼玉スタジアムで現地応援してきました。ただし、カンボジア代表サイドのゴール裏で。

(投資とは関係のない雑談です。ご興味がある方だけご覧ください)

もちろん、今でも私は日本代表とJリーグのサポーターですが、今年、夏期休暇でカンボジアのシェムリアップに行ってから、カンボジア愛が芽生えてしまいました。

<関連記事>
2015/07/17 海外ではモノより思い出 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

ついには、現地のスポーツショップでカンボジア代表ユニフォームも買ってしまいました。



本当にこれを着てカンボジア側で応援することになりました。その日の夜だけは、カンボジア代表のサポーターとして、格上の日本代表への挑戦を応援してきました。

カンボジアゴール裏のチャントはシンプルで、

「アンコール・ワット!!」 (**)←手拍子
「カンボジア!!」 (**)
「アンコール・ワット!!」 (**)
「カンボジア!!」 (**)

のくり返し。一発で覚えられるので、すぐに馴染めました。

結果は、皆さまご存じのとおり、日本 3-0 カンボジアで日本の勝利だったわけですが、カンボジアゴール裏では、カンボジア人からみんな笑顔で「カンボジアを応援してくれてありがとう!」「カンボジアには行ったことある?」「次はいつ来るの?」と大歓迎されました。

以前、FOOT×BRAINに出演していたカンボジアンタイガーFCの日本人オーナーさんも来られていて、やっぱり「カンボジアを応援してくれてありがとう!」とお礼を言われました。

試合開始前、カンボジア代表の監督は「日本から学ばせてもらう」と言っていましたが、試合終了後、カンボジア代表選手たちは、負けたにもかかわらず、日本代表ベンチへ向かい、全員で手を合わせてお礼をしていました。なんと気持ちのよい人たちでしょう。

カンボジアゴール裏に選手たちが来た時には、1点も取れずに負けたにもかかわらず、サポーターたちはみんな笑顔で大盛り上がりで迎えます。

photo20150906_2.png

不幸な歴史から最近まで内戦が続き、これから立ち直ろうとしているカンボジアという国ですが、この笑顔があれば乗り越えていけるんじゃないかと思いました。

ますますカンボジアが好きになりました。また行きたいと思います。


P.S
以下、他のかたのTwitter投稿より。






関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)