最新の家計金融資産構成比の国際比較データ

最新の家計金融資産構成比の国際比較データが出ていたのでメモ。

photo20150908.png
(みずほ総合研究所 2015/09/07 国内マネーはいよいよリスク資産投資に向かうかより引用)

2015年3月末時点で、日本は51%が預貯金。米国は13%、英国は23%です。相変わらず日本の預貯金比率は高い状況です。

上記の引用元レポートでは、いよいよリスク資産投資に向かうかというタイトルで、第一にNISAの導入(2014年1月)で動きがあると書いてありますが、預貯金は1年前から1%ちょっと減っただけです。

まあ、日本の個人資産の6割を、60歳以上の高齢世代が保有しているといいますから、そんなに急激には預貯金比率は変わらないでしょう。

ただ、インフレ率がプラスになってきました。だんだんと預貯金だけでは目減りする時代が近づいてきました。リスク性資産への投資方法を、まったく知らないでは済まされない時代になってきたのかもしれません。

インデックスファンドの積立投資は、投資が仕事でも趣味でもないふつうの人にも、一考の余地はあると思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

4022736216全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)
山崎 元 水瀬ケンイチ
朝日新聞出版 2015-06-12

by G-Tools

電子書籍のKindle版(すこし安い)はこちら
↓↓↓
B00ZCDDEIU全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
山崎元 水瀬ケンイチ
朝日新聞出版 2015-06-12
by G-Tools

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)