インデックスファンド・ETFの投資タイミングに悩む質問者さんたちへ

?

当ブログにはたくさんの質問が寄せられてきますが、複数の方々から同じような質問をいただいておりますので、まとめて自分なりの回答をしてみたいと思います。

初めまして●●と申します。
お忙しいところド素人の質問で恐縮です。

今回やっと決心し「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」
を購入しよう! と・・考えたんですが、
どうしても米国の利上げで円高に進んだら・・・と
ビビって購入に至りません。

誰にも先のことはわからないですが、
利上げ後まで待つべきでしょうか?
とは言え中国の問題もあるし・・・
考えれば考えるほど購入のタイミングがわからず・・・
ありあまる資金なら問題ないのですが・・・


はじめまして。こんにちは。
いつも楽しくブログ読ませていただいております。いきなりのメッセージ失礼します。
以前から気になっていたことですが、今回新しく出された書籍でも少し分からない事がありましたので質問させてください。

余裕資金が1000万単位である人はどのようにインデックス投資をすればよいとお考えですか?
毎月決まった日にタイミング投資をせず一定の金額を買う。ドルコストでいけばメンタルにもやさしい投資だというのは大変理解できましたが、
最初に大きめの金額がある場合、100万ずつ10ヶ月などもしくはもっと期間をあけるなど、どのようにお考えでしょうか。
多忙ではあると思いますがなにかお考えありましたらアドバイスいただけませんでしょうか。


いつもブログを拝見し勉強させていただいております。小生、株を始めて1月余の●●在住もうすぐ●●代です。いろいろと書物を読んだ末にインデックス投資にたどり着きましたが、次の点で悩んでおります。

ドル・コスト平均法ですが、私の場合、スタートが遅いため、時間分散によるメリットがあまり期待できないと考えております。投資に向ける金額を、時間分散(例えば今後10年間)させてドル・コスト平均法の恩恵を期待するか、短期間(例えば1年間)で投資し運用期間を長くとって増加に期待するかで悩んでおります。



上記3件の質問はいずれも、投資タイミングで悩まれているものだと思います。以前のブログ記事に、端的な回答がありますので、ご紹介します。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
2015/03/06 「一括投資かドルコスト平均法か」という古くて新しい問題を、わかりやすく図解してみた

詳しくは上記ブログ記事をご覧いただきたいのですが、上記記事より1枚の図解を引用しておきます。

photo20150305.png

上記図解のように、質問者さんが置かれている前提条件によって、最も合理的な投資タイミングは、自動的に決まってくると考えています。お悩みの何かのご参考になれば幸いです。

ただし、合理的ではあっても、そうすれば必ず儲かるということではないので誤解なきようお願いします。必ず儲かる投資法などというものは、この世に存在しませんので。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)