新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き

ptoto20150921.png

ここ数年でインデックスファンドの低コスト化が進み、インデックス個人投資家にとって、どれを選んだらよいかうれしい悩みをかかえるようなよい投資環境になってきました。その一方で、断片的で誤った比較情報も散見されるようになりました。

そこで、新たに「主要な低コストインデックスファンド徹底比較」として、信託報酬、実質コスト、ベンチマークとの差異、実績リターンという複合的な観点で、インデックスファンドを比較してみるシリーズ記事を書いてみることにしました。

これでいいのか日本のインデックスファンド情報


当ブログでは、インデックスファンドの「信託報酬」と、いわゆる“隠れコスト”を加味した「実質コスト」を計算して公開することは以前から行っていました。

今回からは、新しい試みとして、ベンチマークとなるインデックスについて、「配当込み」インデックスと「配当除く」インデックスを明確に分けて、比較することにしました。

今まで、日本の投信慣習だかなんだか分かりませんが、公開情報では、インデックスファンドのベンチマークが、配当を含むのか、もしくは除くのかについて、曖昧なまま表記することがまかり通ってきました。

言うまでもなく、株式インデックスファンドの原資産である株式は、実際には企業から配当が支払われます。なのに、インデックスファンドのベンチマークが「配当除く」インデックス連動だと、どうなるか。

ダラダラと非効率な運用をしていても、昨今は配当利回りが2~3%かそれ以上ありますので、その分お金が余るわけです。そうです、ベンチマークが「配当除く」インデックスのインデックスファンドは、黙っていてもベンチマークから上ブレるものなのです。

信託報酬等の運用コストがべらぼうに高かった10年以上前は、インデックスファンドの比較において、ベンチマークの配当含む/除くをあまり気にしないでもよかったのかもしれません。

しかし、インデックスファンドのコスト競争が進み、更に低コストなETFも登場して、インデックス投資家たちのコスト意識も高くなってきた環境下においては、配当をベンチマークに含むのか除くのかが曖昧なままでは、もはやインデックスファンドやETFを正しく比較・評価できない状況になりました。なので、「配当込み」インデックスと「配当除く」インデックスを明確に分けて、比較することにしました。


インデックス投資家さんも、インデックスファンドの本分を忘れちゃいないか


さらに、「インデックスとの差異」を併記しました。

そもそもインデックスファンドは、「ベンチマークであるインデックスに連動すること」を目的とした商品です。「ベンチマークを上回ることを目指す」のは、アクティブファンドの運用です。

にもかかわらず、ある一定期間でインデックスファンド・ETFをリターンが大きい順にランキングして、いちばんリターンが高いものを、良い商品として評価するインデックス投資家さんが散見されるようになっています。たとえ、ベンチマークとの差異が大きかったとしても。それってどうなんでしょうか。

この話をするとよくいただく、「儲けるために投資しているんだから、投資家として儲かっているファンドを選ぶのは当然だろ!」という趣旨のご意見は、ある意味では至極まっとうなご意見です。

しかしながら、インデックスを上回ることを目指すのであれば、そもそもインデックスファンドではなく、アクティブファンドを選択するのが理にかなっています。

「インデックスとの差異」が大きなインデックスファンド・ETFは、たとえリターンが一時的に良くても、それはインデックスで想定されているリスクよりも、実は大きなリスクを取っている可能性があります。ベンチマークよりも上ブレするインデックスファンドは、同じ程度下ブレする可能性もありえるので、避けるべきものだと私は考えています。

ベンチマークについて、「配当込み」インデックスと「配当除く」インデックスを明確に分けることにより、「インデックスとの差異」を同じカテゴリーのなかで比較しやすくなりました。

ちなみに、「トラッキング・エラー」という用語を、上記の「インデックスとの差異」と同義として使う投資家や投信ブロガーがいますが、厳密には、トラッキング・エラーは、「ポートフォリオのリターンとベンチマークのリターンとの差(アクティブリターン)の標準偏差をとった値」(野村證券 証券用語解説集)なので、値にプラスもマイナスもなく、ブレ幅そのもののことです。

トラッキング・エラーが大きいと、運用会社のインデックスファンド・マネージャーは叱責されたりするそうです。標準偏差なので、上だろうが下だろうが関係ありません。


リターン実績は調査時のスナップショットにすぎない


プラスとマイナスの複数要因が複雑に絡み合った結果としての、「リターン実績」。

インデックスファンドの場合、これだけで判断すると、傾向や再現性の観点から間違いやすいのですが、いちおう参考として掲載することにしました。短期的には実質コストやインデックスとの差異から導かれる評価と異なる実績になることもあるでしょうが、ご参考まで。

ただし、実質リターンやインデックスとの差異については、各ファンドの直近の決算値から計算したものであり、リターン実績は、各決算時期とは関係なく、ブログ記事執筆時点の直近1年間の実績であることにはご留意ください。

新シリーズ記事として、「低コストインデックスファンド徹底比較」というカテゴリーを新設しましたので、随時更新していきたいと思います。インデックスファンドの選択の参考になれば幸いです。


※いわずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





トラックバック

ベンチマークの「配当込み」「配当抜き」

最近、インデックス投信のベンチマークについて、 「配当込み」 か「 配当除く」 か、の話題になっています。 先輩方の関連記事はこちら  梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー  新シリーズ!「低コストインデックスファンド比較」開始。まずは説明書き  吊られた男の投資ブログ(インデックス投資)  配当なし指数を連動対象としているインデックスファンドはいらない  貯...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)