7/24朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者」 5&まとめ

7/19朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者」
7/20朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者」2
7/22朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者」3
7/23朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者」4
の続きです。シリーズ最終回と、全5回のまとめです。

7/24の朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者 5」を読みました。
概要としては以下のとおりです。
(水瀬の解釈ですので誤解・曲解があるかもしれません)

『・肝臓がんからの生還に計4000万円かけた、アパレルメーカー元役員
・長男と長女の教育費にそれぞれ年1000万円つぎこむ、アクセサリー輸入業を営む父
・入居金1億2800万円・月額30万円の高級老人ホームに住むお年寄り

「公助」が細る中で、命も将来も老後も、活発化する富裕層ビジネスの対象になった。
これも「市場の選別」なのか』

今回の記事には、表題にある「新しき富者」は登場しないし、はっきりと結論は出さないで読者に問題を投げかけて終わりという、よくあるパターンでシリーズ終了となったことは、少々残念であります。
しかしながら、せっかくここまでシリーズを追ってきたので、記事の投げかけを受けて、自分なりの考えをまとめてみたいと思います。

悲しいかな、今回の記事については、まとめ文のとおりだと思います。
何もこれは今に始まったことではなく、「地獄の沙汰も金次第」という古い言葉があるとおり、昔からあった話だと思います。

しかしながら、「公助」が細ってきているのは事実だと思います。
奥さんとも少し話し合いましたが、公助の限られたリソースを全てに投入することができないのならば、せめて子どもの教育機会の平等にリソースを使ってほしいと思います。
産まれてくる子どもたちは親を選べません。格差の固定化が一番よくないと思うのです。
(残念ながら私たち夫婦に子どもはいませんが…)

そして、私たち大人は、厳しい格差社会を生き抜くために、もっと努力する必要があると思います。
努力といっても、今までのように「より仕事に精を出す」という労働者的発想だけではなく、格差社会化の傾向を逆に利用して、資本主義経済の仕組みに則った形でお金を作り出すという「資本家的発想」も身につけたい。
要するに、株や債券への投資を生活に取り入れるということです。

投資といっても、シリーズに出てきた投資(年4000万円稼ぐデイトレーダーとか脱法PBとか)は、明らかに極端な事例です。
世界経済の成長とともにゆっくりと資産を増やしていく、穏やかな投資スタイルもあることを知ってほしいです。

お金がないというのは本当は言い訳で、今や1万円からでも分散の効いた立派な投資はできます。
株や債券への投資について、全くやらず、学ぶ気すらない人が、暮らしが楽にならないと国に文句を言うのは、自分たちが生きている世界の仕組みを無視した「損」な行動と言ったらちょっと言いすぎでしょうか。

いろいろな考え方があると思いますが、朝日新聞「分裂にっぽん 新しき富者」全5回シリーズを見てきて、そんなふうに思いました。


P.S
記事のレベルが予想外で狼狽したこともありましたが、いろいろ考えさせてもらう良い機会になりました。
記事を紹介してくれたPALCOMさんに感謝いたします。
関連記事


  





コメント

大人はもっと努力してという下り、同感です。

>学ぶ気すらない人が、暮らしが楽にならないと国に文句を言うのは・・・

そうですねー。
僕はテレビの街頭インタビューで新橋のサラリーマンとか浅草あたりのおばちゃんが
「新しい総理大臣(政権)には景気を良くして欲しいですね」
なんていっているのを聴くとうんざりしてしまいます。
景気って誰かによくしてもらうものなんでしょうかね。

「知らないことは罪」であるとはおもいますが,やはり国はもっと若い世代にお金を使うべきでしょうし,若者の格差是正(派遣についての規制)をすべきでしょう。

資産運用の元手すらない人が増えているわけですから・・。

派遣社員と正社員の格差是正については、総論として8割の正社員が賛成しているという記事がありました(7/25の日経記事)。

問題は、各論の段階で、格差是正の原資をどこからもってくるかですが、①法人税減税、②正社員の給料を減額する、③高齢者に対する課税の強化および給付の減額が考えられると思います。①と③の抱き合わせが妥当な選択肢ではないかと考えます。

若年世代自身も政治的無関心が自分の首を絞めているという自覚を持つべきです。

>学生とレーダーさんへ

同意いただきうれしいです。
お互い頑張りましょう。

>vanillacokeさんへ

TVで無責任発言をするおっちゃん、おばちゃんにも困ったものですが、きっと撮影時には、OAには使われなった「マトモなことを言った方々」もいたのではないでしょうか。

最近読んだ本「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」 「外資ファンド 利回り20%超のからくり」の著者北村慶氏は、テレビ局を含めたメディアのファイナンス・リテラシーのレベルの低さを問題にしています。

要するに、TV局がそういう映像が欲しかったのだと思います。
ため息が出ますが、せめて自分自身はしっかりしなくてはと思います。

>にじ@Rayさんへ

この問題は色々な考えがあって当然と思います。
世代間の利害は対立し、そう簡単には合意形成できないと思います。

では、その問題に対して、若い世代が自分でできること・できないことは何なのでしょうか?
そして、他の世代(お年寄り・子ども)だったらどうでしょうか?

そう考えると、若い世代は他の世代に比べて相当有利であるような気がします。

>PALCOMさんへ

派遣社員と正社員の格差問題について考えると、僕は混乱してしまいます。

給料を上げてほしい労働者としての自分と、雇用コストを効率化してほしい株主としての自分がせめぎ合ってしまうのです。

PALCOMさんの仰るように、合わせ技で対応が現実的でしょうか。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)