ニッセイアセットマネジメントが11月にネット販売向け投信のコストを大きく引き下げる!?

水瀬ケンイチ

nissay_asset_2.jpg

ニッセイアセットマネジメントが、11月にネット販売向け投信のコストを大きく引き下げるという報道が出ています。これは見逃せません。

 20~40歳代の資産形成層に向けて超低コストの投資信託の投入が相次いでいる。一方で圧倒的な資金量を持つ高齢層には複雑で高コストの投信が売れ続け、投信販売は二極化している。

 「まだ公表されていないが、ニッセイアセットマネジメントから、11月にネット販売向け投信のコストを大きく引き下げると連絡を受けた。投信は“コスト革命”といえる時代に突入した」。複数のネット証券会社幹部が口をそろえる。

日本経済新聞 (真相深層)投信コスト二極化 「超格安」の指数連動型、20~40代つかむ 高齢層、高くても積極運用型 より引用)


日経新聞によると、戦いの契機は、9月に三井住友アセットマネジメントが、これまで確定拠出年金(DC)専用だった超低コストインデックスファンドを、一般向けに開放したこととのこと。これは「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」(信託報酬 年率0.25%・税抜)などのことで、当ブログでも取り上げたものです。

<関連記事>
楽天証券で最も低コストのDC専用インデックスファンドが一般向けに解禁! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

 インターネットは若い世代の書き込みですぐに「祭り」状態になった。「グッジョブ!」「最終兵器だ」。三井住友の横山邦男社長は「予想外の反響の大きさに驚いた。低コストで長期で資産形成したい若年層への手ごたえを感じた」と話す。
(同日本経済新聞より引用)


三井住友アセットマネジメントの社長さんにも、インデックス投資ブロガーたちの大歓迎は伝わっていたようです。これはうれしい!

そして、既に「購入・換金手数料なしシリーズ」で、低コストインデックスファンドを一般向けに提供していた、ニッセイアセットマネジメントにもライバル心に火が着いたのかもしれません。

「ニッセイは11月に同シリーズの投信の信報を三井住友よりさらに下げるようだ」(ネット証券幹部)。「超低コストはニッセイ」というブランドを、死守する試みだ。
(同日本経済新聞より引用)


老舗インデックスファンドのSMTインデックスシリーズやeMAXISシリーズのコスト水準に、一段の低コスト化で風穴を開けてくれたニッセイアセットマネジメント。たしかに、インデックス投資ブロガーたちの間でも、「超低コストはニッセイ」というイメージができかけているように感じます。ぜひ、もうひとふんばり頑張ってほしいと思います。

日経記事のなかでネット証券幹部が言っていた、「投信は“コスト革命”といえる時代に突入した」との言葉どおりになってきました。運用会社の健全なコスト競争は、個人投資家にとって大歓迎です。

ただし、情報ソースは日経新聞であり、運用会社の公式発表ではありません。本当にニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」の運用コストが引き下げになるかどうかは、公式発表があるまでわかりません。

ニッセイアセットマネジメントさんも、三井住友アセットマネジメントさんも、ともに頑張ってください!

関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ