上場高配当低ボラが12月1日上場。日興アセットマネジメントから

Nikko-Asset-Management.png

日興アセットマネジメントは、高配当で低ボラティリティなETFを、2015年12月1日に上場すると発表しました。

日興アセットマネジメント
2015/11/11 “高配当”で“価格変動性が低い”スマートベータ型日本株ETF が登場

気になる商品概要は以下のとおり。

上場インデックスファンド MSCI 日本株高配当低ボラティリティ(1399)
・MSCI ジャパン IMI カスタム高流動性高利回り低ボラティリティ指数連動
・信託報酬 年率0.35%(税抜)

「MSCI ジャパン IMI カスタム高流動性高利回り低ボラティリティ指数」という耳慣れないベンチマークですが、高配当と低ボラティリティを目指した日本株式クラスのスマートベータのようです。

MSCI指数パンフレット(P.20)に、同指数のことが掲載されているので、世の中に公開されている指数のようです。

高配当であることに加え、「構成銘柄の指数内での最大ウェイトが1%」という制限があるとのことなので、ファーストリテイリングに10%近く投資する日経平均や、トヨタに5%近く投資するTOPIXよりも、等配分(イコールウェイト)に近くなる感じでしょうか。

個人的に、これにすこし投資してみてもおもしろいかなと思っています。昔から保有していたアクティブファンドのDKA……じゃなかったMHAM株式オープンに見切りをつけて、しばらくサテライト運用部分が配分ゼロになっていますので。

スマートベータに連動するインデックスファンド・ETFも多数出てきていて、鳴かず飛ばずのものもありますが、なかには成果をあげているものが出てきているように思います。(もちろん、投資するとしても、市場価格と基準価額の乖離のチェックは欠かせませんが)

投資家の選択肢が広がることは良いことだと思います。日興アセットマネジメントさんグッジョブ!

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)