<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬年率0.39%→0.24%など、ニッセイの低コストインデックスファンド3銘柄がさらに信託報酬値下げ!

nissay_asset_3.jpg

ニッセイアセマネジメントが、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」など3銘柄のインデックスファンドの信託報酬を2015年11月21日より値下げすると発表しました。

ニッセイアセマネジメント WEBサイト
2015/11/12 信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について

これは、かねてより日経新聞で報道されていたものです(該当記事)。満を持して、公式発表になりました。具体的な銘柄情報は以下のとおり。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
信託報酬 年率0.31% → 年率0.15%

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
信託報酬 年率0.38% → 年率0.20%

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
信託報酬 年率0.39% → 年率0.24%

(信託報酬はいずれも税抜き)

外国株式インデックスファンドが信託報酬 年率0.2%台で購入できるとは! これはETFにひけをとらないレベルであり、素晴らしいことだと思います。

以前は、外国株式インデックスファンドに、信託報酬が年率1.0%以上かかっていたり、すぐに取り扱い廃止になったり繰上償還になってしまった時代が嘘のようです。

<ご参考>
2006/06/06 外国株式インデックスファンド放浪記(まとめ)
※今となっては、インデックスファンド暗黒時代の「神話」ですね…(^^;

国内債券クラスと外国債券クラスは、ライバルの三井住友アセットマネジメントのDC専用から一般開放した超・低コストインデックスファンドよりも、信託報酬をそれぞれ0.01%だけ安く設定してきています。うまいですね。今回の信託報酬値下げは、ニッセイアセマネジメントが、かなり「攻めて」いるように思います。

ただ、外国株式クラスについては、三井住友アセットマネジメントのDC専用ファンドはまだ一般販売されていないので、どうなるか見ものです(出たとしたら、三井住友の方が信託報酬がかなり安い)

運用会社の健全なコスト競争は、投資家として大歓迎です。ニッセイアセマネジメントさん、グッジョブ!
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大180,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設&各種取引で住民票取得代行+最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)