<追記あり> マネックス証券、NISAの株式手数料を恒久的に実質無料化

水瀬ケンイチ

monex_logo.gif

マネックス証券が、2016年1月4日以降、NISA口座における国内株式の売買手数料と外国株式買付時の国内取引手数料を、恒久的に実質無料化すると発表しました。



マネックス証券WEBサイト 
2015/11/16 【NISA】株式手数料を恒久的に実質無料化

NISAは2016年以降、非課税枠が毎年100万円から120万円に拡大されることが決まっています。その手数料が実質無料化するというのは、投資家にとってありがたいことです。

マネックス証券さんグッジョブ。

ただし、ライバルのネット証券であるSBI証券と楽天証券は、とっくに実質無料化されています。マネックス証券がライバルに追いついた形です。

NISAにおける顧客争奪戦も激しくなってきていますが、そうしてでもNISAで顧客を囲い込んでおきたいということかもしれません。

個人投資家の皆さまにおかれましては、手数料だけでなく、NISAの特徴をしっかりと把握して、賢く利用したいものですね。


<特に関連が深い記事>
2013/12/15 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー流「NISAの考え方のキモ」

<追記> 2015/11/16 21:20
マネックス証券のNISAは、海外ETFだけでなく海外の個別株の買付時手数料も実質無料だから、ライバルよりも優れているというご指摘をいただきました。うーん、制度としてはそうなのですが、当ブログでは国内外にかかわらず、NISAで個別株はおすすめしておりません。上記関連記事のキモがその理由です。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
マネックス証券
SBI証券
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ