外国債券・外貨MMFをお持ちの投資家さん、あと1か月ですよ!

水瀬ケンイチ

sell-686338_640.jpg
2016年1月から、証券税制が大幅改定されます。あと1か月ですので、あらためて周知。



日本証券業協会 公式WEBサイト
平成28年1月から公社債・公社債投資信託の課税方式が大きく変わります!

いろいろな金融商品の税制が変わるのですが、当ブログをご覧のインデックス投資家の皆さまに大きく関係しそうなのは以下のブログ記事に書いたポイントです。

外国債券、外貨MMFは年内に売却を検討した方がいいかもしれない理由 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

現在、公社債や公社債投信の売却益は「非課税」です。特に、外国債券は満期まで保有すると課税されるのに、途中売却だと非課税(※)という「知る人ぞ知る」節税テクニックになっていました。これを狙って米国債などの外国債券を買っていた、割と富裕層な投資家さんもいらっしゃると思います。

※ゼロクーポン債は除く等、諸々の条件はありますが。

それが、2016年1月から売買損益に20.315%課税されることになります。そのかわり、公社債の利子や公社債投信の分配金との損益通算ができるようになります。

詳しくは、上記の日本証券業協会 公式WEBサイトのパンフレットがよくまとまっていると思いますので、ご覧いただければと思います。

私は基本的にバイ&ホールド戦略をとっていますが、大きな税制変更の際は柔軟に対応しています。市場に左右される投資のリターンは不確実であるのに対して、課税コストのマイナスは確実であり、売買の時期により回避できるのであれば回避した方がよい場合があります。

最近の円安により利益が出ていた米ドルMMFのうち、用途が決まっている分を除いて既に売却しました。非課税でした。

ありがたや、ありがたや。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ