三井住友アセットマネジメントのDCファンドシリーズにバランス型4銘柄(マイパッケージシリーズ)を追加

header_logo.jpg

楽天証券は、12月4日(金)から、三井住友アセットマネジメントのDCファンドシリーズにバランス型4銘柄(マイパッケージシリーズ)を追加すると発表しました。

楽天証券 | 【投資信託】DCバランスファンド マイパッケージシリーズ 4銘柄を新規取扱い

気になる銘柄は以下のとおり。

DC年金バランスゼロ(債券型) 信託報酬 年率0.2376%
DC年金バランス30(債券重点型) 信託報酬 年率0.2376%
DC年金バランス50(標準型) 信託報酬 年率0.2484%
DC年金バランス70(標準型) 信託報酬 年率0.2592%

インデックスファンドを組み合わせたインデックス型のバランスファンドです。

例によってバランスファンドですので、資産配分に納得できるかによって好みが分かれるところではありますが、信託報酬がどれも年率0.2%台と、一般向けのバランスファンドのなかでは最安クラスの安さです。大きな魅力があるように思います。

ただ、国内外の株式・債券という伝統的4資産に加えて、どのファンドにも短期金融資産が5%含まれているのが、個人的には解せません。利益をほぼ生まない短期金融資産(現金みたいなもの)に、安いとはいえ信託報酬がかかるのは、投資家にとってはよろしくないです。なにか運用上のメリットでもあるのだろうか…?

あわせて、上記楽天証券のWEBサイトの説明文には、「中長期的にこのベンチマークを上回る運用成果を目指します」と書かれていますが、運用会社である三井住友アセットマネジメントの目論見書には、商品分類が「インデックス型」と明記されています。販売会社である楽天証券の表記ミスだと思われますが、どうなんだろう。

また、一部の個人投資家からは「ターゲットイヤー型だ」という情報も出ており、「よくわからん」というのが第一印象です。運用コストが激安のバランスファンドだというのは間違いありませんが、諸々、情報が錯綜しているようですので、わかりしだい続報を書きたいと思います。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券
関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)