カブドットコム証券でもDIAM「たわらノーロード」シリーズ、三井住友「DC(年金専用)ファンド」シリーズの取り扱い開始

水瀬ケンイチ

kabucom.png

カブドットコム証券は、2015年12月21日(月)および2015年12月28日(月)より、“超”低コストインデックスファンドであるDIAM「たわらノーロード」シリーズ、三井住友「DC(年金専用)ファンド」シリーズの取り扱いを開始すると発表しました。



DIAMアセット・三井住友アセットの低信託報酬インデックスファンド新規取扱開始 |プレスリリース|企業・IR情報|株のことならネット証券会社【カブドットコム】

低コストインデックスファンドや海外ETFの取り扱いでは、楽天証券などに先行され、出遅れていたと思われていたカブドットコム証券。

低コストインデックスファンドシリーズの取り扱いに関しては、主張ネット証券でも取り扱いの足並みが揃わないなか、ここへ来てカブドットコム証券がアグレッシブに取り扱いを始めようとしています。

これは、カブドットコム側にとって、(海外ETF取り扱い開始のように)システムに追加投資することを回避してスルーし、追加投資を伴わない案件に関しては素早い対応で、個人投資家のニーズに対応するというよい戦略だと思います。

なお、カブドットコム証券といえば、最大の特長が「フリーETF」です。

フリーETFとは、当社が指定した13銘柄のETFの売買手数料(現物/信用)を無料とする当社オリジナルサービスです。
フリーETF |フリーETF|商品・サービス|株のことならネット証券会社【カブドットコム】より


フリーETFでは、「MAXIS トピックス上場投信(1348)」「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)」「MAXIS Jリート上場投信(1597)」などの国内ETFが、売買手数料無料という太っ腹サービスです。

少額にて小刻みに積み立てるのにも、億単位の大金をつぎ込むのも(上限5億円、ですがそんな人ほとんどいないでしょう)、売買手数料無料です。

上記のことを鑑みて、“超”低コストインデックスファンドを求める方だけでなく、国内ETFに投資したい方も、カブドットコム証券に口座開設をしていても損はないとタイミングであると思われます。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
カブドットコム証券
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ