2015年のバンガードETF™・米国籍投信経費率改定を一覧!

Vanguard.png

バンガードより、2015年のバンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせが出ています。軒並み経費率が下がっています。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン お知らせ
2015/12/24 2015年バンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせ

各銘柄の経費率は以下のとおりです。

photo20151224.png
バンガード・インベストメンツ・ジャパン WEBサイトより)

VT や VSS など、既に発表済みの情報も一部含まれているので、まさに「2015年の経費率総決算」という趣きです。

全般的に経費率が年率0.01%~0.02%下がり、年率0.1%~0.3%程度です。実に素晴らしい低コストぶりです。

バンガードWEBサイトの但し書きには、こう書かれています。

バンガードのファンド/ETFの運用コストは変動します。運用残高が増えれば経費率が低下し、残高が減少した場合は経費率が上昇する可能性があります。


運用残高が増えれば経費率が低下、残高が減少したら上昇。要因がシンプルでわかりやすい。バンガードETFは、米国投資家の熱い支持を受けて、運用残高が概ね増加中ですので、今後の経費率にも期待が持てます。

バンガードを含む海外ETFは、自分の力で疑問を解決し、多少の手間を惜しまない投資家にとっては、非常に魅力的な商品だと思います。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)