大みそかだよ!2015年 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的、3大ニュース

man-using-stylus-pen-for-touching-the-digital-tablet-screen.jpg

今日は大晦日です。2015年もいろいろなことがありましたが、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的(超個人的な)3大ニュースを、この3つにまとめておきたいと思います。

(1) インデックスファンドが続々“超”低コストに!「コスト革命」起こる
(2) 個人投資家の手作りイベント「インデックス投資ナイト」復活
(3) 「全面改訂 ほったらかし投資術」を出版

以下、ふりかえってみます。

(1) インデックスファンドが続々“超”低コストに!「コスト革命」起こる


2015年9月に、楽天証券が三井住友アセットマネジメントのDC専用インデックスファンドを、一般向けに販売開始すると発表しました。その信託報酬が、ライバルファンドを大きく引き離す年率0.1%〜0.2%台が中心だったため、“超”低コストぶりに、インデックス投資ブログ界隈で大きな話題になりました。

すると、11月、ニッセイアセットマネジメントが既存のインデックスファンドシリーズの信託報酬を、三井住友と同水準まで引き下げすると発表しました。さらに、DIAMアセットマネジメントが三井住友を下回る“超”低コスト・インデックスファンドシリーズを設定すると発表、ブログ界隈はお祭り騒ぎとなりました。

この夏からの一連のインデックスファンド低コスト化を、日本経済新聞は「コスト革命」と銘打ち報道しました。

2015/11/18 DIAMアセットマネジメントからも、ニッセイ、三井住友に続き“超”低コストインデックスファンドが登場!?

インデックス投資先進国の米国においては、インデックスファンドの運用コスト水準は10年以上前からこの水準でしたし、ETFの隆盛にともない運用コストはますます低下傾向にあります。日本も遅ればせながら同じような水準のインデックスファンドが個人向けに提供されはじめました。

「こんなコスト水準だと運用会社がつぶれるのではないか」「インデックスファンドの品質がかえって下がるのではないか」と懸念する向きもあるようですが、実は、日本においてもプロ向け(機関投資家向け)には10年前からこの水準だったというのが、個人にはあまり知られていない(かつプロはあまり言いたがらない)事実であり、懸念はおそらく杞憂におわるのではないかと思っております。

ここへきてようやく、個人向けインデックスファンドの「一物二価」状態がいよいよ解消されようとしているところだという認識です。私は“超”低コスト・インデックスファンドを出してくれた各運用会社の英断を、大歓迎したいと思います。

言うまでもなく、インデックスファンドの信託報酬は、個人投資家の資産運用において、自分の選択でコントロールできる重要要素であるとともに、インデックスファンドがベンチマークにきちんと連動するためにも重要な要素です。コストとパフォーマンスを、今後も見ていきたいと思います。

<関連記事>
2015/09/14 楽天証券で最も低コストのDC専用インデックスファンドが一般向けに解禁!
2015/11/12 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬年率0.39%→0.24%など、ニッセイの低コストインデックスファンド3銘柄がさらに信託報酬値下げ!
2015/11/20 DIAMアセットから「たわらノーロード 日経225」(信託報酬年率0.195%)が登場。たわらで祭りじゃ!


(2) 個人投資家の手作りイベント「インデックス投資ナイト」復活


毎年1月に行われていた個人投資家の手作りイベント「インデックス投資ナイト」が、2014年1月の開催をもって休止すると発表されました。

ボランティア体制によるやむにやまれぬ事情から休止となったわけですが、イベント休止を惜しむ声が多く、事情を解決する目処が立ったことから、新しい体制でまた一から立て直しを行ない、なんとか2015年7月に復活させることができました。

2016年も開催できるといいなと思います。

2015/05/04 【速報】インデックス投資ナイト 2015/7/4(土)お台場カルカルで復活!
2015/07/05 「インデックス投資ナイト2015」実行委員長として行なった手作り投資イベント運営の工夫


(3) 「全面改訂 ほったらかし投資術」を出版


2015年上期のプライベート時間は、2010年に出版された山崎元氏との共著「ほったらかし投資術」の改訂版を執筆することに、ほぼ費やされたと言っても過言ではありません。

当初、データ更新などのマイナーチェンジという話でしたが、山﨑さんがノリノリで書き替えまくるので、私もつられて書き替えまくり、その結果、改訂企画の当初の予定よりも大幅に内容が置き換わり、ただの改訂ではなく「全面改訂」版となりました。

2015/06/12 山崎元氏と私水瀬ケンイチの共著、「全面改訂 ほったらかし投資術」 本日2015年6月12日発売。Kindle版も同日発売されました
2015/06/14 【追記あり】「全面改訂 ほったらかし投資術」の感想ブログ記事が続々と


以上、個人的な話が混じっていて恐縮でしたが、2015年 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的3大ニュースでした。他にも、税制改正やETFの更なる発展(や大宮アルディージャJ2優勝)など、興味深いニュースがいくつもありました。皆さまの3大ニュースは何だったでしょうか。

2015年ももうすぐ終わろうとしています。今年も一年、ブログをご覧いただきありがとうございました。2016年も皆さまにとって良い年になるよう祈念しながら、筆を置こうと思います。

お疲れさまでした。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)