「楽天証券ファンドアワード」の投票受付開始。選考委員でも投信ブロガーでもなくても投票できる

medal-390549_640.jpg

楽天証券が、独自の投信アワード「楽天証券ファンドアワード」の投票受付を開始したと発表しました。

いったいどんな投信アワードなのか?


この投信アワードの概要について、プレスリリースからの抜粋を記載します。

楽天証券ファンドアワードは、「より効率的な運用実績を残してきた投資信託」を厳選するために2015年7月に誕生した定量評価指標「ファンドスコア」を用いて、定量面の評価による優秀24ファンドを選出した上で、楽天証券投信評価諮問委員会や個人投資家、ファイナンシャルプランナー(FP)の投票により、最優秀8ファンドを決定いたします。

他社が運営しているファンドアワードでは実施していない、個人投資家である楽天証券のお客様やFPの投票をアワードの選考に反映させるという、これまでにない全く新しい選考方法を採用することで、より個人投資家の視点での評価を反映したファンドを表彰することとなります。

楽天証券 プレスリリース 2016/01/06『「楽天証券ファンドアワード」開催のお知らせ -個人投資家の視点を反映し、ファンドを表彰-』より抜粋


投信アワードはモーニングスターの「ファンド オブ ザ イヤー」や、リッパーの「リッパー・ファンド・アワード」、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」等がありますが、最優秀ファンドの選考に一般の個人投資家が参加できるのは、新しい取り組みだと思います。ブロガーである必要もありません。


優秀24ファンドは定量的&機械的に選定


私も投信評価諮問委員のひとりなので(該当ブログ記事)、このアワードを中から見ています。手元に投信の評価データがあるのですが、8部門の優秀24ファンドは定量的、機械的に選ばれています。

優秀24ファンド選考方法は、「3年スコアの順位+1年スコア(24期間)の平均順位」であり、純資産額30億円以下は除く等の諸条件も含め、すべてWEBで公開されています。

楽天証券 プレスリリース
2016/02/15 『第一回「楽天証券ファンドアワード」 優秀 24 ファンドを選出!


投信の異種格闘技戦!?


上記プレスリリースで優秀24ファンドを見ていただくとわかるのですが、国内株式部門の優秀ファンド3本はすべてアクティブファンドになっています。一方で、海外株式部門の優秀ファンド3本はすべてインデックスファンドになっています。そして、国内債券部門では、インデックスとアクティブの両方が混在しています。

前述のとおり、優秀24ファンドの選考は、インデックスもアクティブも関係なくすべてのファンドを同じ土壌で、定量的、機械的に選出しているので、このような珍しい現象が起こっているのだと思います。良し悪しはあると思いますが、「異業種格闘技戦でいちばん強い奴を決める」的なシンプルさはあります。


最優秀ファンドの選考は個人投資家も参加できる!


この優秀24ファンドのうち、各部門の最優秀ファンドの選考については、個人投資家も参加できるようになっています。その投票が2016年2月15日から開始されています。

金融業界にモノ申したい個人投資家はたくさんいらっしゃると思います。「自分の意見も反映してほしい!」と思われる方は、ぜひ投票してみてください。

ただし、投票対象者は楽天証券の口座開設者で、投票期間は2016年3月11日(金)までですのでご注意を。

投票方法など詳細については、「楽天証券ファンドアワード」の公式サイトをご確認ください。

関連記事


  



トラックバック

投信アワードっていろいろあるけど何が違い何を参考にすればいいのか比較してみた

投資信託を選考したアワード(賞)が様々な場所から毎年発表されています。 それぞれのアワードがどのような選考基準となっているのか?どのアワードが長期コツコツ投資となる現役世代にとって参考になるのか? 意外と知らないこと(興味を持っていなかった!?)ばかりでしたのまとめてみました。 ピックアップしたアワードはこちら ファンド オブ ザ イヤー(モーニングスター)リッパー・...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)