「売りたくなった時に見るグラフ」が最新データに更新!

update.jpg

先月、下げ相場の中で書いたブログ記事「売りたくなった時に見る言葉、見るグラフ」でご紹介した私の大好きなグラフが、最新データに更新されました。

先月紹介したグラフがこちら。

photo20160211.png
出典:「株式投資」(ジェレミー・シーゲル著)


1801年に投資した1ドルが2001年までの200年間でどれだけ増えたかを実質リターンで表したグラフです。株式は約60万倍に増えたという驚きのデータでした。

今日ご紹介するグラフは、同じジェレミー・シーゲル氏関連の記事からの出典で、直近2015年までに更新されたものです。ではどうぞ。

photo20160324.jpg
(出典:長期なら株式投資がベスト 碩学が読む市場の先行き |マネー研究所|NIKKEI STYLE

1802年に投資した1ドルが2015年に約100万倍になっているという驚きのデータに更新されています。60万倍だったのが、なんと100万倍にアップしています。

私はますますこのグラフが好きになりました。

ただし、データの始点が1年後ろ倒しされていることにご注意ください。長期のデータで始点の値があまりにも小さい場合、始点のほんの少しの違いが、長期的に大きな差に増幅されることは、よくあることです。

また、データの期間を10年伸ばしたら60万倍が100万倍になったということは、私たちが今から10年投資しただけで資産が何十万倍も増えるという意味では「ない」です。ゆめゆめ過剰期待をなされませぬよう。

このグラフから言えることは、過去200年超のデータでは、各アセットクラスをくらべると、現金や債券や金(ゴールド)よりも、株式がダントツに増えてきたという歴史だけです。

先月の記事の繰り返しになりますが、過去の歴史がそのまま未来に続くわけではありません。ただ、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」(ビスマルク)という言葉のとおり、長期的な歴史を知っておくことは大事なことだと思います。




関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)