3年目のNISA口座非課税枠で何を買おうか

水瀬ケンイチ

NISA

NISA(少額投資非課税制度)口座も3年目、2016年分の非課税枠で、どこで何の金融商品を購入しようか考えております。



2014年、2015年は、今メインで使っている楽天証券のNISA口座で、海外ETFの「VT」を購入し、残った端数の非課税枠で、投信の「世界経済インデックスファンド」を購入してきました。

今年もそれでいいかなと思っている一方、楽天証券のNISA口座では、海外株式(ETF含む)について、NISA口座から特定口座への振替手続きは行なっていない、という点が引っかかっています。

数か月に一度くらいのペースでコールセンターに問い合わせているのですが、「現在は振替手続きは行なっていない」の一点張りです。

2014年のNISA制度導入前後の時期は、細かい部分の仕様をたずねても、「未定、未定」と言っていた各ネット証券も、NISA導入後に、徐々にこういった細かい部分のサービス内容が判明してきています。

たとえば、SBI証券は、海外株式(ETF含む)について、NISA口座から特定口座への振替可能(出所:SBI証券WEBサイト)だし、マネックス証券も、NISA口座から特定口座への振替可能(出所:マネックス証券WEBサイト)のようです。

楽天証券が対応が遅れている(もしくは対応するつもりがない)状況です。

NISAで非課税期間の5年(またはロールオーバーで10年など)が終わる時、「VT」のまま特定口座に振り替えられないとなると、売却しなければならなくなりそうです。そのお金を、どうするのか。また「VT」を買うのもいいですが、特定口座で買うので、安くない売買手数料がまたかかるはずです。

もしもNISA口座での「VT」売却に伴い強制的に円転させられる仕様だったりしたら、また為替手数料までかかってしまいます。そのあたりが不明です。

自分の理解が間違っているのかもしれませんので、引き続き、調べていくつもりではありますが、楽天証券での「VT」運用ではない方法も視野に入れて、3年目のNISA口座非課税枠は、どこで何を購入するか、じっくり検討していきたいと思います。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券
マネックス証券

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ