バンガードのレポートでは、リバランスなしの方がリターンが高い!?

7932571974_aebaea40d8_z.jpg

バンガードから、リバランスに関するレポートが出ています。ちょっとおもしろいのは、リバランスありよりも、リバランスなしの方が年間平均リターンが高くなっています。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン
2016/5/27 投資バランスを見極め、維持すること

世界株式:世界債券=50:50の比率でスタート。1926年~2014年まで運用した結果が、以下のグラフです。

201605-graph.jpg
バンガード・インベストメンツ・ジャパンより)

んんん?

リバランスなしのポートフォリオの方が、年間平均リターンが高くなっています。もちろん、年率ボラティリティの方も大幅に高くなっているのですが、過去に自分が見たデータでは、リバランスなしのリターンは低かったものが多かったので、少し違和感を感じました。

たとえば、以下の記事。

リバランスの有効性を示すデータ - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

過去のデータで見ると、リバランスによるパフォーマンス改善が見られます。
しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!」(田村正之著)に、そのデータが掲載されています。

伝統的4資産(日本株式・外国株式・日本債券・外国債券)の均等配分で、1969年12月末に100円投資したとして2007年12月末まで続けたとします。
期間は38年間です。
リバランスの方法により、結果は以下のとおりです。

リバランスなし: 1,145円
5%乖離時にリバランス: 1,308円
10%乖離時にリバランス: 1,371円
1年ごとにリバランス: 1,404円
3年ごとにリバランス: 1,509円

この条件だと、3年ごとにリバランスがいちばん高パフォーマンス、その次に1年ごとでした。
ちなみに上記データの出所は、イボットソンでした。


「しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!」(田村正之著)のデータです。リバランスなしのリターンがいちばん低い結果になっています。

たしか、田村氏が執筆した同時期の日本経済新聞にも、類似のデータが掲載されていたように記憶しています。

最近のSTAMのコラムに、リバランスのデータが出ていたので、さっそくチェックしました。

住信アセットマネジメント コラム&レポート
2011/09/22 STAM投資ゼミナール 第3回「リバランスの効果~長期分散投資には定期的なリバランスが効果的~」

上記コラムからの引用です。
リバランスの有用性

こちらも伝統的4資産の均等配分で、運用期間は1984年12月末~2011年8月末です。
期間は約27年間ながら、直近の2011年8月末まで入っているのがいいですね。

数値は出ていませんが、グラフの目測でリスクあたりのリターンを推計すると、やはり3年ごとのリバランスがいちばん高パフォーマンスのようです。1年ごともまあまあです。
ちなみに上記データの出所はBloombergでした。


こちらは、旧住信アセットマネジメントのレポートです。やはり、リバランスなしのリターンがいちばん低い結果になっています。

ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)でも、株式60%:債券40%で1996年~2013年の17年間で調査した結果、

年1回リバランス 年平均リターン 8.41% リスク 11.55%
リバランスなし 年平均リターン 8.14% リスク 13.26%


となっており、やはり、リバランスなしのリターンが低くなっています。

これはどういうことなのかなぁ?と考えながら、バンガードのレポートをもう一度読み返すと、大きなヒントが隠されていました。

予想通り、このような長期では株式が債券のパフォーマンスを上回り、リバランスを実施しなかったポートフォリオは徐々に目標水準から外れ、株式のアロケーション比率は最終的には97%に達しました。


「株式のアロケーション比率は最終的には97%」とな!?

株式:債券=50%:50%でスタートした比率は、株式:債券=97%:3%にまで株式比率が拡大していたのです。もうほとんど株式100%みたいなものです。

バンガードの調査は89年間という長い運用期間であったため、株式の比率が非常に大きくなり、ほとんど株式100%に近いポートフォリオにまでなってしまいました。

ここまでくると、リバランスの効果云々ではなく、もはや資産クラスそのものが全然別モノです。そりゃあ、株式:債券=50%:50%(リバランスあり)よりも、ほぼ株式100%(リバランスなし)のポートフォリオのリターンの方が高くなるでしょう。

リバランスの効果を測るデータも、調査期間が89年と非常に長期になると、またひと味違った結果になるもんですね。勉強になります。

なお、バンガードのレポートにもあるように、リバランスなしの方がリターンが高くなるならリバランスは不要だ、と考えるのは禁物です。リターンの差以上に、リスク(ボラティリティ)も拡大してしまっているからです。

そもそも、リバランスの主目的は、自分のリスク許容度の範囲内にポートフォリオのリスクを抑える「リスクの調整」です。「リターン向上」はあくまでも副次的なもので、いわばオマケみたいなものです。

そこを、ゆめゆめお忘れになりませんように。。。


P.S
リバランスの調査では課税は考慮されていませんが、現実には課税によるロスが出ますので、できるだけノーセル・リバランス(買い足しのみで資産配分を調整)をおすすめします。私もそうしてます。




関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)