NIKKEI STYLE に長期運用におけるコストについての良記事

fee.jpg

NIKKEI STYLE に長期運用におけるコストについての良記事が掲載されていました。

長期運用、コストで成績に差 信託報酬と税に注意 |マネー研究所|NIKKEI STYLE


資産残高が国内最大級で信託報酬は年約1.6%の「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」と、低コストなインデックスファンドで信託報酬年約0.6%の「SMTグローバルREITインデックス・オープン」のリターンを比較しています。

結果は、皆さまご想像のとおり、この期間ではインデックスファンドの勝ちとなっています。ラサールがプラス99%のところ、SMTがプラス109%でした。

調査時期が変われば勝敗が変わることもあるでしょうが、繰り返せば繰り返すほど、勝率は低コスト側(インデックス側)の方が高くなると思います。なぜなら、インデックス超過リターンは不確実ですが、コストは確実だからです。

上記記事には、「でもアクティブ型も捨てがたい」という意見も掲載されています。それに対する処方箋も提示されており、現実的な記事だと思います。

最後はカン・チュンド氏の囲みコラムもあり、ご興味があればぜひご覧になってください。

関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)