GPIFが不正会計の東芝を告訴。不正のやり得は許されない

No.jpg

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、不正会計の東芝を提訴しました。

GPIFの資産管理会社、不正会計の東芝提訴 9億6400万円請求 | ロイター

このような不正会計を行なう企業に対して、機関投資家はどんどん提訴してよいのではないでしょうか。

東芝は数年にわたり累計2248億円もの利益を水増ししましたが、不正会計が明るみに出た後、金融庁の課徴金は73億円でした。(出典:金融庁、東芝に73億円の課徴金納付命令 会計問題|日本経済新聞

常々、日本は組織的な経済犯罪に対する制裁が甘すぎると感じています。水増し金額と課徴金を比べ、リスクとリターンを考慮すると、まるでリスクを負って粉飾を行なった方が得であるかのような金額に過ぎないという見方もできます。

不正会計はリスクがリターンに見合わないという状況でなければならないと思います。不正のやり得は許されるものではありません。

個人株主はすでに約50人が東芝を提訴しているそうです(出典:GPIF、不正会計問題めぐり東芝を提訴|WSJ)。ほかの機関投資家も、GPIFに続いてほしいと思います。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)