ブレグジット(Brexit)に関して、バンガードからメッセージ

vanguard_logo3.jpg

英国のEU離脱、いわゆるブレグジット(Brexit)に関して、バンガードからメッセージが出ています。

ブレグジット(Brexit): 次は何が起きるか?|バンガード

上記の情報では、バンガードの欧州チーフエコノミスト兼投資戦略ヘッド、ピーター・ウェストアウェイ博士が、市場のボラティリティと投資の不確実性、英国経済への影響、資産運用業への影響について解説しています。

いずれも、米国の投資家向けではなく、日本の投資家に向けたメッセージになっており、一読に値すると思います。

ただ、結論的には、いつもお決まりのフレーズです。

「投資家にとって最良のアプローチは、これまでと変わらず、明確なゴールと、長期の視点と、十分に分散されたポートフォリオを堅持することだと言えます」

私もそう思いますので、将来の投資目標に向け、所定のポートフォリオに従い、バイ&ホールドの積立投資を継続します。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)