ウィズダムツリー社の配当重視型ETF 8銘柄が登場

水瀬ケンイチ

WisdomTree-Investments-Logo.jpg


ウィズダムツリー社の配当重視型ETF 8銘柄の新規取り扱いを開始すると、楽天証券が発表しました。



楽天証券 | 米国上場 ウィズダムツリー社の配当重視型ETF 8銘柄の新規取扱い開始!

気になる銘柄は以下のとおり。

  • ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド(ティッカー:DLN)
    経費率 年0.28%
  • ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド(ティッカー:DON)
    経費率 年0.38%
  • ウィズダムツリー 米国小型株配当ファンド(ティッカー:DES)
    経費率 年0.38%
  • ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:DGRW)
    経費率 年0.28%
  • ウィズダムツリー 米国小型株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:DGRS)
    経費率 年0.38%
  • ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:EUDG)
    経費率 年0.58%
  • ウィズダムツリー 新興国小型株配当ファンド(ティッカー:DGS)
    経費率 年0.63%
  • ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:DGRE)
    経費率 年0.63%

これらのETFは、米国株式、欧州株式、新興国株式について、従来の時価総額加重ではなく、配当額によるウェイト付けをもとに加重する手法で運用しているようです。

投資家に人気がある「株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル著)は、インデックスを上回ることを目指すD-I-V戦略を提唱しています。

D-I-V戦略の“D”は“Dividend”(配当)の頭文字で、高配当戦略のことをさしています。配当額によるウェイト付けは、シーゲル博士が設立に携わったウィズダムツリー社こだわりの運用です。

経費率は年0.2%台~0.6%台で、単純な時価総額加重平均のインデックス連動のETFよりは少し高めですが、個人的には許容範囲内です。配当額加重の運用方針が気に入れば、投資に値するのではないかと思います。

日本の個人投資家がアクセスできる海外ETFの環境が、どんどん良くなりますね。

ただし、海外ETFは、証券会社では外国株式扱いです。国内ETFや投資信託にくらべて、為替取引や税務処理など多少手間がかかります。そのあたりを許容できて、出てくる疑問点を自分で解決できる投資家さんにおすすめです。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券


株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
ジェレミー・シーゲル 瑞穂 のりこ
日経BP社
売り上げランキング: 15,483



関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ