インデックス投資家のためのおすすめ証券会社 マネックス証券

おすすめ証券会社の情報はネット上にいくらでもありますが、インデックス投資に特化したおすすめ証券会社の情報を、水瀬の独断で作ってみました。
いくつかあるのですが、今回は、インデックス投資家にいちおし、マネックス証券です。

≪インデックス投資家のためのおすすめファンド≫
マネックス証券で購入できるファンドのうち、インデックスファンドを中心に低コストで高品質なものを選んだつもりです。

・バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド
(販売手数料0%・信託報酬0.82%・信託財産留保額0% ※売買時25銭/$の為替手数料がかかります)
ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、そして米国ナスダック店頭市場で通常取引されているすべての米国普通株式で構成されるインデックス「MSCI US Broad Market Index」のパフォーマンスに一致する投資成果を目指します。

・バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド
(販売手数料0%・信託報酬0.87%・信託財産留保額0% ※売買時25銭/$の為替手数料がかかります)
米国の債券と普通株式に配分され、全体の資産のうち60%~65%を高格付けの中長期債に、残りは配当のある株式に投資されます。

・トヨタアセットバンガード海外株式ファンド
(販売手数料0%・信託報酬約1.29%・信託財産留保額0%)
主に4本のバンガード・グループのファンドを通して海外の株式に投資。4本はすべてインデックスファンドで、それぞれ、米国成長(グロース)株、米国割安(バリュー)株、欧州株、新興国(エマージング)株が対象。

・インデックスファンド TSP
(販売手数料0%・信託報酬0.546%・信託財産留保額0%)
TOPIXに連動することを目指すインデックスファンドです。
※データはいずれもマネックス証券WEBサイトより


≪インデックス投資家のためのマネックス証券メリット≫

・バンガードのファンドが購入可能
インデックス投資の先駆けである米国バンガード社の良質なファンドを、日本で唯一買うことができる証券会社です。

・豊富なノーロードファンド
インデックスファンドを含め、各種ノーロード(販売手数料なし)ファンドが19本あります。

・外貨建てMMFに豪ドルあり
米ドル、ユーロ、豪ドルの3通貨の外貨建てMMFがあります。特に豪ドルMMFが揃うネット証券は貴重です。ちなみに、外貨建てMMFは為替差益が非課税です。

・豊富な投信積み立てプログラム
「自動つみたて」「カードDE自動つみたて」「銀行DE自動つみたて」の3とおり。積み立てプログラムは楽ちんインデックス投資に欠かせません。

・投資教育に熱心
無料・有料の各種投資セミナーが数多く行なわれています。実際にいくつか参加しましたが、他ではあまり見られない、インデックス投資を推奨する良心的なセミナーがありました。


≪インデックス投資家のためのマネックス証券デメリット≫

・個別株の売買手数料が高い
個別株の売買手数料はネット証券の中でもかなり高いので、日本株ETFの購入には不向きです。

・バンガードのファンドは米国よりも割高
マネックス証券の中間コストがかかり、米国本国に比べて信託報酬が割高になっている(それでも日本では最安値クラスですが)。


≪インデックス投資家のためのその他お役立ち情報≫

・日本株ETFの購入について、マネックスナイター(夜間取引)を利用すれば、株数に関わらず一約定につき売買手数料500円で購入できます。まとまった金額を購入する時など、場合によっては、ネット証券最安値での購入が可能でしょう。
・購入した日本株ETFを「貸株サービス」に入れれば、貸株金利(貸借料)として年率0.5%が更に得られます。ポートフォリオのリターンを引き上げてくれるでしょう。
・投資信託の月中平均残高の年率0.08%分の1/12をマネックスポイント(1ポイント5円相当)として月ごとにもらえます。このようなバイ&ホールドしているだけで貯まるポイントは、インデックス投資家にとってとても有用です。僕も随分貯まりました。


※各種データは2006年8月20日現在のものです。

マネックス証券の口座開設は下からできます。(会社名をクリックしてください)
マネックス証券



<ご参考>
他のインデックス投資家のためのおすすめ証券会社はこちらのカテゴリからどうぞ。
関連記事


  





コメント

私は松井とマネックスの二刀流なんですが,マネックスは投信専用にしてるので貸株はやってません><
水瀬さんはやってらっしゃるのでしょうか?

確定申告が面倒で特定口座にしたからってのもあるんですが,今にして思えば貸株やあればよかったかも・・。

バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド

バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンドを外した理由を参考までに教えていただけませんか?
ちょうど購入を検討していたので、気になっちゃって。

記事で御紹介のあったところだと、トヨタアセットのバンカード海外株式ファンドで悩んでいます。欧州のインデックスに投資できるファンドが見当たらないので(ご存知でしたら教えてください)投資を検討しているんですが、若干信託報酬が高いような気がして・・

>にじ@Rayさんへ

貸株はまだやっていません。
一度にまとまった金額をひとつのETFにつぎ込める状況ではないので。。
でも将来はやってみる予定です。

それから、貸株サービスに申し込みは不要ですし、特定口座でも貸株サービスは利用できるようですよ。

>空色さんへ

本当はバンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンドも入れたかったのですが、紹介するファンド数を絞ったら(投資対象がバンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドに含まれますので)外れてしまったというだけですのでご安心を。

仰るとおり、トヨタアセットバンガード海外株式ファンドは、インデックスファンドの集合の割には、信託報酬が高めです。
でも、欧州市場とエマージング市場のバンガードのインデックスファンドに投資できるのは、実質、これしかないのですよねー。

こんばんわ。
バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドは、水瀬さんのブログを見て、私も先月購入しました。
(買い増しも検討中。。。)
数年前からBRICSに注目していて、中国株などは購入していましたが、欧米株は、今まで購入していませんでした。
「株式投資の未来」にも書いてありましたが、過去の統計数値を見ると、米国の株式指数のパフォーマンスが安定している点・バランス・必ずしも成長=投資効果という訳でもないという点などで、欧米株も持った方が良いかなと最近思っています。
また、思考錯誤しながら、いろいろとトライしてくつもりです。

空色です。
コメントありがとうございました。おかげで、だんだんイメージが掴めてきました。
それにしても、こうして海外株式・海外債券のファンドを探してみると、選択肢がすごく限られるんですね。
実際の投資の際には、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」を利用させていただきます。

ところで、僕は先日投資ブログを始めました。できたら水瀬さんのブログと相互リンクさせていただけませんか?
御検討よろしくお願いします。

ボクもメインはマネックスです。目当てはバンガードのファンドです。
バンガードには販売する商品をもっと増やして欲しいのですが、その気はあまり無いようです。

>tuneさんへ

先月購入なら、ちょうど最近の米国株の上昇を捉えられたのでは。
ここ何ヶ月かずっと底練り状態でしたから、よいタイミングだったのではないでしょうか!(^^)

>空色さんへ

相互リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

>rennyさんへ

諦めるのはまだ早いっすよ!!
例えば、Eトレが海外ETFの取り扱いを開始したりしたら、マネックスはどうするでしょうか。
マネックスのバンガードのファンドが解約されていくのを、松本社長が指をくわえて見ているだけとは思えません。
インデックス投資の世界にも競争原理を呼び込むには、個人投資家の継続的な声が必要だと思います。

貸株サービス

マネックスは貸株サービス目当てで利用しています。保護の対象にならないということで、リスクを負う事になりますが、金利が付くメリットをとりました。
ここは売買手数料が高いので夜間取引で購入。特定口座でも利用できますね。申し込みは必要で紙一枚送付しました。

水瀬さん・じゅん@さん情報ありがとうございました^^

貸株やってみようかな。。と思いつつも個別銘柄株はしばらく買わないことにしてますのでそのうちに^^

>じゅん@さんへ

申し込みは必要なんですね。失礼しました。
説明を読み違えておりました。。
ご指摘ありがとうございました。

マネックスの売買手数料

私は基本的にマネックスのみで運用をしています。
デメリットに売買手数料が高いと挙げられていますが、
マネックスの携帯サイトでの売買手数料はなかなかお安いです。
(いちいち携帯サイトを使うのは面倒ですが・・・)
例えば、
日本株ETFを17万円で買った場合、
手数料は0.105%、すなわち178円です。
(指値で買っても同じ手数料)
マネックス、PCサイトで買うとお高いですが、
携帯を使えばかなりお安いですよ。
ちなみに、
私はマネックスでETFを携帯サイトで購入しました。
他の証券会社さんをあまり確認してないのですが
少なくともE-trade証券よりも安いですよ。

>164さんへ

仰るとおりです。
これは1年前の時点での記事ですから、ご勘弁ください(^^ゞ

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

国内株式型のオススメファンド

国内株式型のファンドでは何を買ったら良いか?国内株式型に関しては国際株式、国際債券型に比べるとよりハッキリしています。国内株式型のファンドを買うのならば、一取引の購入金額、投資信託を保持する期間を考

外国為替のマジック

みなさん。海外投資の調子はいかがでしょうか。今日は日本国内金融機関の外国為替のマジックについてです。日本国内で国外商品を購入するには日本円を外貨に交換する必要があります。また海外での消費にクレジットカードを利用した場合、また直接ATMから現地通貨を引き...

日本で販売されている投資信託は割高!

 先日の記事で、投資信託だけで「ファンド」を作ったことをお話ししましたが、今回、「ファンド」を作るためにいろいろとインデックスファンドを探して、気付いたことがあります。個人が購入できるノーロードのインデ

個別株+ETFをマネックス証券に移管

以前の記事で書いたことがあると思うのですが,私は現在,松井証券とマネックス証券に口座を持っていて,以下のように使い分けています。松井証券-銘柄株式・ETF・ドル建てMMFマネックス証券-投資信託・ユーロ建てMMF分け

口座は開設したけれど

口座開設手続きをしていたマネックス証券から、手続き完了の案内が送られてきた。どれ、入金手続きをしてみっか!と、ログインをして画面を展開していったのですが・・・。うーむ、自分の持っている銀行口座と照ら

マネックス証券

さて、昨日は19日に口座開設を申し込んだ証券会社のうち、最後のそれに当たるところ

外国株・海外ETFを特定口座に

イートレや楽天証券など主にネット取引がメインの証券会社は 外国株や海外ETFは特定口座に入れることができません。 一方、手数料は高くなりますが 野村では特定口座での管理が可能です。 そこで野村証券に聞いてみました!(電話で) 「他証券会社で、一般口

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)