SBI証券も個人型DCのサービス拡充!低コスト・インデックスファンドに加えて、「ひふみプラス」DC専用ファンド等の追加、加入・移換時手数料・口座管理手数料の無料キャンペーンも

SBI証券

SBI証券は個人型DC(iDeCo)のサービスを大幅拡充すると発表しました。

SBI証券が発表したサービス拡充の内容はいろいろありますが、注目すべきポイントは以下の2点だと思います。

◆加入・移換時手数料、口座管理手数料の無料キャンペーンを実施
 2016年9月23日(金)から2017年3月31日(金)までを対象期間として、iDeCoに新規加入者の加入・移換時手数料を0円に、また口座管理手数料も残高にかかわらず一律0円に大幅引下げするキャンペーンを実施。

◆「ひふみプラス」DC専用ファンド等、iDeCoプラン運用商品を計4本追加
 ・ひふみ年金(信託報酬 年0.8208%)
 ・みのりの投信(確定拠出年金専用)(信託報酬 年1.674%以内)
 ・三井住友・DC日本株式インデックスファンドS (信託報酬 年0.2052%)
 ・三井住友・DC外国リートインデックスファンド(信託報酬 年上限0.3024%)

先日、個人型DCの拡充を発表した楽天証券に対抗する形で、SBI証券の個人型DC拡充の発表です。

手数料キャンペーンはSBI証券が楽天証券の内容を上回りました。追加された商品ラインナップは、インデックスファンドは楽天証券に追いつく方向の変更です。高コストなアクティブファンドの追加に対する評価は、各人の好みの問題だと思います。

SBI証券と楽天証券は、昔から手数料の下げ合いをしたり、ライバル関係にありますが、楽天証券が先手を打ってSBI証券が追いつくか追い越すか、という展開が多いです。

運用管理機関の健全な競争は、サービス水準を向上させ、個人のライフプランにおおいに貢献するので大歓迎です。時代は、「投信コスト革命」から、「個人型DCコスト革命」へと突入するのかもしれません。

SBI証券さんグッジョブ!👍 他の運用管理機関さんも続け!




関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)