ヘッジファンドがほんとうに悲惨なのは、最近の平均リターンが2%しかないことではない

flower-314658_640.jpg

ブルームバーグによると、ヘッジファンド業界が最近の成績不振で苦悩しているようです。

ヘッジファンドの過去3年の業界リターンは平均2%しかなく、大半のインデックスファンドを下回っているとのこと。成績不振と高い手数料に年金基金を含む機関投資家は不満だそうです。

photo20161024.png
(出典:自分の能力、もう信じられない-ヘッジファンド運用者の悲惨な新世界 - Bloomberg

こうしてグラフで見ると、たしかにヘッジファンド・インデックスは、バンガードのバランス・インデックスファンドに大きく負けています。

株式60%:債券40%のシンプルで低コストなインデックスファンドにかなわないのだとしたら、ヘッジファンドに高い手数料を払っている機関投資家が不満に思うのもわからなくもありません。

ただ、このグラフを見て、ヘッジファンドを上げ相場の時だけで評価するのは、もしかしたらフェアではないかもしれません。

一般的に、ヘッジファンドは絶対収益(絶対リターン)を追求します。ですから、たとえ上げ相場でインデックスの半分のプラスリターンしか上げられなくても、暴落相場でプラスマイナスゼロで踏みとどまってくれるのであれば、ヘッジファンドはその名のとおり、「リスクをヘッジ」していると言えるでしょう。

当ブログは10年以上続けているので、2007年のサブプライム・ショックや「100年に一度」と言われた2008年のリーマン・ショックのさなかにも、ブログ記事を書いていました。そこで、当時のヘッジファンドにまつわるブログ記事を振り返ってみました。


戦略問わずヘッジファンドのパフォーマンスが低迷するメカニズム - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)


ロング・ショート、アービトラージ、マーケット・タイミング、レラティブ・バリュー、イベント・ドリブン、マーケット・ニュートラル、グローバル・マクロ等々、ヘッジファンドには様々な投資戦略があります。

しかし、2008年当時、ヘッジファンドクルークによれば、ヘッジファンドはほぼ全ての戦略でマイナスリターンを記録。その理由が、市場が不安定で資金調達が困難になったからとのこと。要するに、借金できなかったので儲けられませんでしたということです。

もちろん、暴落相場ではインデックスファンドも大ダメージを受けるのですが、かといってヘッジファンドなら助かるのかと言えば、やっぱり、あまり期待できそうにないなと思ってしまいます。

冒頭のブルームバーグの記事によると、ヘッジファンド運用会社の運用者が、ここ数年の業界のリターンについて、「悲惨、とにかく悲惨だ」と言ったそうですが、本当に悲惨なのは、暴落相場でヘッジファンドがちっともリスクをヘッジできない時ではないでしょうか。



※上記記事はヘッジファンド・インデックスを対象にした平均的な「傾向」の話であり、すべてのヘッジファンド銘柄が期待できないと言っているわけではありません。言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)