トランプ大統領誕生。今後の株価はどうなるのか?どうするべきか?

presidents-652347_640.jpg

米国大統領選挙前、「民主党政権の方が株価にはプラス」という話をよく見聞きしました。(ちなみに、ヒラリー・クリントン氏が民主党で、ドナルド・トランプ氏が共和党)

共和党かつ何かとお騒がせのトランプ氏が大統領になり、株価はついに大暴落か!?という様相でしたが、2日後にはもとに戻りました。

今後、どうなるかはまったくわかりませんが、バンガードから面白いデータが送られてきたので紹介します。

photo20161113.png
バンガード・インベストメンツ・ジャパンWEBサイト 大統領選後のメディア報道が気になりますか?気にしないための4つの原則より引用)

民主党と共和党それぞれが政権を担った時期毎の米国株式市場の名目リターンは、年11%で同じとのこと。

「民主党政権の方が株価にはプラス」という話はなんだったんだろう? バンガードの調査は、1853年~2015年という150年以上の超・長期ですから、データの取得期間が違うのかもしれません。俗説みたいなものは、データで確認することが大事だなと思いました。

そもそも、政権がどうであろうと、経済活動を支えているのは国民の生活であり、製品・サービスを提供する企業です。より良い生活をしたいという人間の健全な欲求と、それに応えようとする企業がある限り、資本主義経済は発展していくのだと思います。

そのおこぼれにあずかろうという控えめな投資法が、私が実践しているインデックス投資です。

上記のコラムでは、目新しいニュースにとらわれることなく、4つの原則に焦点を定めることが大切だといいます。

・明確な投資目標を定めること
・ポートフォリオがよく分散されていることを確認すること
・出来るだけ投資に掛かるコストを押えること
・長期的な投資の視点を持つこと

なるほど。やはり、長期・分散・低コストということですね。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)