【先進国株式】低コストインデックスファンド徹底比較 2016年12月末

水瀬ケンイチ

america_640.png

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、先進国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2016年12月末で比較しました。




※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。


先進国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2016年12月末で比較


先進国株式クラスの対象インデックスは、「MSCI コクサイ・インデックス」です。

「配当込み」インデックス連動では、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」と「たわらノーロード 先進国株式」のコストが頭ひとつ抜きん出て安い水準にあり、相対的に高評価になっています。(ニッセイ外国株式の実質コストは、信託報酬引き下げにより正しく計算できないため引き下げ前のコストを表示)

ただし、ニッセイ外国株式は、昨年のトランプ・ショック時の運用ミスにより、1年リターンが相対的に悪くなっています(該当記事)。また、たわらノーロード先進国株式も、設定当初マザーファンドを未保有であったという理由から、インデックスとの差異が異常に大きく出ています。

同じような異常値ですが、ニッセイ外国株式の運用ミスによるリターン低下は、レアケースとはいえ条件が重なれば今後も再発する可能性があると思われるのに対して、たわらノーロード先進国株式のインデックスとの差異は、設定当初の単発事象だと思われることから、たわらノーロードの方が少しだけ分が良いかもしれません。

ただ、いずれも超・低コストインデックスファンドの言わば“頂上決戦”のようなハイレベルな対決の中での差であり、今後の動向を気にしつつも、先進国株式クラスのなかでは相対的には高評価と言ってよいと思います。

「iFree 外国株式インデックス」は第1回の決算が出るまで参考扱いです。「配当除く」インデックス連動と思われるものの、信託報酬が安いので、運用実績が楽しみです。

上記の表のインデックスファンドはいずれも決算日が異なる(=評価期間が異なる)ため、きっちりとした横並び比較はできませんが、表の右側の1年リターンと3年リターンは、2016年12月末時点での同じ評価期間ですので比較の参考にしてみてください。ただし、リターンは複数要因が複雑に影響し合った結果なので、相対的な優劣が今後も固定されているわけではないことにはご注意を。

他のアセットクラスも含め、当ブログの「低コストインデックスファンド徹底比較」カテゴリで、定期的に更新記事を書いておりますので、インデックスファンド選びの参考にしていただけたらと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。


<ご参考>
上記の高評価インデックスファンドは、以下のネット証券で購入できます。会社名をクリックで口座開設できます(無料)
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ