「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」17年1月分を実行

dollar-943737_640.jpg

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の17年1月分の積み立て投資を、1月20日に行ないました。

※「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」とは、積み立て投資の退屈対策のためにやっている投資法に付けたテキトーな名前です。詳しくはこちらを参照

今月積み立てた商品は、この4本です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
たわらノーロード先進国株式
野村インデックスファンド・新興国株式
個人向け国債 変動10

今月から、先進国株式クラスの積み立てファンドを変更しました。ここ2年くらい積み立てファンドとして使っていた「ニッセイ外国株式インデックスファンド」から、「たわらノーロード先進国株式」への変更です。

「たわらノーロード先進国株式」は、第1回決算を経て運用報告書が公開され、相対的に高評価といえる内容だったため変更しました。

<ご参考>
【先進国株式】低コストインデックスファンド徹底比較 2016年12月末 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)


昨日、米国でドナルド・トランプ大統領が誕生しました。各地で祝賀行事が行われる一方で、反対派による抗議デモも行われていると報道されています。トランプ大統領が主張する「米国第一主義」は、「身勝手主義」(時事通信)とも言われているようです。

今後、世界はどうなってしまうのでしょうか。私にはわかりません。

ただ、短期的にはいろいろあるかもしれませんが、今後も、世界経済の長期的発展という方向性を信じて、インデックスファンドを愚直に積み立てていきたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

P.S
上記の積み立て商品はすべて楽天証券で買いました。(社名をクリックすると口座開設できます。もちろん無料)
楽天証券


<特に関連が深い過去記事>
2016年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)



関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)