投信協会、WEBサイトに投信5000本の積み立て投資計算機能追加

水瀬ケンイチ

toshinkyokai_logo.png


投資信託協会は「投信総合検索ライブラリー」に、投信5000本分の積み立て投資計算機能を追加したようです。



投信5000本の運用成果計算 投信協会が情報提供拡充 個人の積み立て投資、応援 :日本経済新聞


具体的には、過去5年にさかのぼって、ある投信に毎月積み立て投資をしていたら、どのくらいの利益(または損失)になっていたかを確認できる機能です。

上記日経新聞の記事では、本日(2月20日)からこの情報提供を開始すると書いてありましたが、私が確認したところでは、18日にはもう使えるようになっていました。

毎月の積立投資額だけでなく、初期投資額、積立開始月(1ヵ月前~60ヵ月前まで指定可)、分配金の再投資・受け取りといった項目を、自分で設定して、積み立て投資の試算ができます。

実績データを使っているので、リアルな試算ができます。5000本の投信のデータを持っているあたり、さすが投信協会のツールという感じです。

欲をいえば、最大5年ではなく10年、20年とより長期の試算もできれば更によかったと思います。特に2008年のリーマン・ショックを計算期間に含めることができると、投資初心者にもよりリアルな現実が見えてくるはずです。

とはいえ、今のままでも机上の計算よりは、実績データを使った試算により積み立て投資のイメージがわきやすくなると思います。無料ですので、ご興味があれば一度、試してみてはいかがでしょうか。

下記の投信協会WEBサイトの「投信総合検索ライブラリー」でお目当ての投信を検索してから、「積立投資計算」をクリックで試算ができます。

投資信託協会 - 投資信託協会



関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ