ウォーレン・バフェット氏、今年も「株主への手紙」でヘッジファンド業界をメッタ斬り

Buffett.jpg
Photo credit: Fortune Live Media via VisualHunt / CC BY-NC-ND

今年もウォーレン・バフェット氏はバークシャー・ハザウェイ株主に向けた「株主への手紙」で、高コストなヘッジファンドが低コストな S&P500 インデックスファンドに負けているとして、ヘッジファンド業界の高い運用報酬を批判しています。

「株主への手紙」では、バークシャーの純利益が $5.48 billion から $6.29 billion に 増加したことや、米国経済、政治、自社株買い、配当の重要性などについて述べています。

そのなかで、ヘッジファンド業界について厳しく批判しています。

ヘッジファンドが多額の運用報酬を得るにもかかわらず、コストが安く市場全体の値動きと連動するS&P500種のインデックスファンドよりも2008年以降の運用成績が劣っていると指摘。バフェット氏の試算では「過去10年で1000億ドル(約11兆円)以上も無駄にしている」と厳しく言及した。

バフェット氏、米国経済「奇跡的」と評価 株主に書簡  :日本経済新聞



ヘッジファンドで多額の資金を運用している場合、大規模な利益を得るのは、顧客ではなくヘッジファンドのCEOであると非難しています。

Hedge fund fees
Buffett set aside multiple pages of his letter to call out the hedge fund community and their unwarranted fees. "When trillions of dollars are managed by Wall Streeters charging high fees, it will usually be the managers who reap outsized profits, not the clients," Buffett wrote.

Warren Buffett's Annual Shareholder Letter for 2017 (BRK.A, AAPL) | Investopedia



バフェット氏は、バンガードの低コストな S&P 500インデックスファンドと、5つのヘッジファンドの平均と、10年間のパフォーマンス勝負をさせています。9年後、バフェット氏が選んだインデックスファンドは 85.4% 上昇したのに対して、5つのヘッジファンドの平均は 22% 増に留まったと言っています。

ヘッジファンドの多額の運用報酬に対して、バフェット氏は比較実験まで行なって、毎年「株主への手紙」で非難しています。投資家にとって、運用コストは重要だと教えてくれているのだと思います。

He continued his attack by releasing documents of his 10-year performance bet between a pick of his own - a low-cost S&P 500 index fund managed by Vanguard - and asset manager Protégé Partners that chose to bet on the average performance of five hedge funds. After nine years of the 10-year bet, the index fund selected by Buffett is up 85.4 percent, and the average of the five hedge funds is a distant second - up 22 percent.

Warren Buffett's Annual Shareholder Letter for 2017 (BRK.A, AAPL) | Investopedia



さらに、“超”低コストなインデックスファンドを作り出した米国バンガード社の創始者であるジョン・ボーグル氏を賞賛しています。「アメリカの投資家のために最も成功した人物を称えるために彫像を建てるとしたら、それはボーグル氏でなければならない。彼は運用業界と私にとって英雄だ」とまで言っています。

Vanguard's John Bogle Is A Hero

If a statue is ever erected to honor the person who has done the most for American investors, the handsdown choice should be Jack Bogle. For decades, Jack has urged investors to invest in ultra-low-cost index funds.

In his early years, Jack was frequently mocked by the investment-management industry. Today, however, he has the satisfaction of knowing that he helped millions of investors realize far better returns on their savings than they otherwise would have earned. He is a hero to them and to me.

The Seven Best Quotes From Warren Buffett's Annual Shareholder Letter



もちろん、「株主への手紙」の本来の目的は、バークシャーの株主総会に向けた株主への報告書です。でも、自社の状況だけでなく、投資家の金融リテラシー向上に関するメッセージにも力を入れていることがわかります。

このような会社が、日本にもあったらいいのになと思いますが、見当たりません。せめて、バフェット氏からのメッセージを、自分の資産運用に活用させていただきたいと思います。


P.S
私も VT や IVV への投資を通じて、バークシャーの株式を一部保有していることになっています。もし、先進国株式インデックスファンドを持っていれば、あなたもバークシャーの株式を持っていることになります。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)