資産配分の 2% を占める REIT は何か?

question-mark-457458_640.jpg

ブログにいただいたご質問に自分なりに回答します。今回は、資産配分の REIT クラスについてのご質問です。

件名:リート比率について

水瀬さん、初めまして。○○○○と申します。

時々、拝見させていただいています。
水瀬さんのアセットアロケーションの中で、リートが2%あまり含まれていますが、これはどのようにして算出されているのか、差支えなければ、教えていただけますでしょうか?

リートETFなのか、一般のETF、ファンドからリート銘柄の割合を計算しているのか?←やり方は思いつきませんが。。
自分も、エクセルに実装したく。^^;

お忙しいところ、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

私は、2003年に、図書館でボーグル氏の分厚い本を見つけて、MonexでVtsmxを買い始めて、今に至るものです。
それでは



2003年からマネックス証券でバンガードのインデックスファンドに投資しているとは、相当な手練の方だとお見受けしますので、心して回答いたします。

たしかに、私の資産配分(アセットアロケーション)には 2% 程度 REIT が含まれています。



ご質問にもあるように、株式インデックス(TOPIXやMSCIコクサイ等)に実は REIT 銘柄もごくわずか含まれていることがあります。でも、私の資産配分の REIT クラスはそれではありません。

私や相方が一部保有しているバランスファンドに含まれている REIT クラスの分を抜き出して表示しています。

正確には、そのバランスファンドに J-REIT クラスと、G-REIT クラスの両方が含まれています。J-REIT クラスは東証REIT指数(配当込み)、G-REIT クラスはS&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動するマザーファンドです。

が、いずれもごく小さな比率しかないので、ブログの資産配分では合計して単に「REIT」と表示しています。

REIT に限らず、バランスファンドに投資している分は、全ての資産クラスをいったんバラして、各資産クラスに足しこんで資産配分全体を把握するようにしています。そうすることで、ポートフォリオ全体の期待リターン、リスク(標準偏差)が計算できるからです。

回答としては、以上です。

手練の方への回答は緊張しますが、今までもこれからも嘘いつわりなくブログを書いていく所存ですので、よかったらこれからもブログをご笑覧いただければ幸いです。


※情報の正確性には最大限配慮していますが、個人の考えに基づき回答していますので、誤解や曲解がある可能性もあります。投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)