日経平均330円安。

水瀬ケンイチ

ここのところ上げっぱなしだった日経平均、今日は派手に下げましたね。

【読売新聞より引用】
日経平均大幅続落、330円安…今年2番目の下げ

 6日の東京株式市場では、日経平均株価(225種)は大幅続落。終値は前日終値比330円38銭安の1万3359円51銭だった。

 下げ幅は4月18日(432円25銭)に次ぎ、今年2番目で、9月27日以来7営業日ぶりに1万3400円を割り込んだ。

 東証株価指数(TOPIX)も同38・30ポイント低い1371・37と大幅続落した。第1部の出来高は約28億1000万株だった。
(読売新聞) - 10月6日15時57分更新
【引用終わり】


日経平均が、一日で330円下落です。読売新聞のタイトル『日経平均大幅続落、330円安…今年2番目の下げ』の「…」に何となく哀愁を感じます
まあ、率にしたら-2.41%と株の世界の値動きとしてはたいしたことないですが、個人的に気になるのは、10月3日の郵便局の投資信託販売開始により、さっそく日経225のインデックスファンドを買って、投資デビューした方々。
価格下落リスクの説明をちゃんと受けていたのだろうか?それを理解していたのだろうか?この値動きを受け入れられるのだろうか?

明日、郵便局に「話が違うやないか!」と怒鳴り込むおじいちゃん・おばあちゃんがいないことを祈ります。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ