Fire TV Stick (New モデル) 開封の儀

photo20170501_1.png

ようやく Fire TV Stick (New モデル)が届き、ゴールデンウィークは充実したJリーグライフ&映画ライフを過ごしています。そこで、先日執り行なった「開封の儀」の様子お伝えしたいと思います。

(投資とは関係のない雑談です。ご興味がある方だけご覧ください)

Fire TV Stick はテレビに接続して、複雑な設定不要で簡単に映画やビデオを楽しめるデバイスです。HDMI端子が付いていれば既存の液晶テレビに接続できます。うちも7~8年前に買った古い東芝REGZAに接続して見ています。

それでは開封の儀の様子をば。

photo20170501_2.png

Fire TV Stick の予約開始と同時に注文したので、商品の到着は1ヶ月半くらい待ちました。現在は数日で届くようです。到着した時は「やっときた!」という感じで嬉しかったですね。オレンジの外箱のなかに、黒い内箱が入っていました。二重?と思っていたら、この内箱がなかなかのギミックになっていて……


photo20170501_3.png

パカーンと盾に開いて、そのなかに本体や付属品や説明書がキッチリ格納されていました。


photo20170501_4.png

本体のスティックの他に、音声認識リモコン、単4電池2個、電源アダプタ、USBケーブル、HDMI延長ケーブルが入っていました。


photo20170501_5.png

写真では大きく見えるかもしれませんが、スティック本体は長さ 8cm くらいしかありません。小さいし軽い! これで本当にWi-Fi通信とかアプリのダウンロードとかができるの!?と若干不安になるほどの小ささです。

本体と電源アダプタを接続して、テレビのHDMI端子に接続。ちなみに、付属のHDMI延長ケーブルは、テレビのHDMI端子まわりにスティック本体を差し込むスペースがない時に使うらしく、私は使いませんでした。


photo20170501_6.png

スティックがうちのWi-Fiの電波を自動的に探し出します。(ペアリングの方法は各家庭のWi-Fiルーターの所定の方法で)
このために、Wi-Fiルーターを11ac対応の新製品に買い替えておいたのだ。

いちばん驚いたのは、なんと最初から私のフルネームが漢字で表示されました。Wi-Fiの設定にはそんな情報入っていないはずなので、Amazon で購入した時のデータが予め登録されているのでしょう。こんなリモコン1つでどうやってIDやらPASSやらを入力するのかと思ったら、なんにも必要ありませんでした。


photo20170501_8.png

私は、Amazonプライム会員なのでプライムビデオが見放題です。作品のタイトルがデフォルトで表示されています。プライムビデオの他にも、YouTube や Netflix などのアプリが最初から表示されています。私はJリーグを見るために、DAZN会員(DAZN for docomo で月額980円税抜)なので、DAZN アプリもダウンロード&設定しました。


photo20170501_12.png

photo20170501_13.png

photo20170501_14.png

これでJ1、J2、J3だけでなく、ブンデスリーガもセリエAも見放題!うれしい! ついでに、開幕から未勝利だった大宮アルディージャが、さいたまダービーで浦和レッズに勝ったこともうれしい!!(脱線)

というわけで、このゴールデンウィークはサッカーざんまい、映画ざんまいになりそうです。

相方は テレビ画面の YouTube で、フィギュアスケート羽生選手が世界最高得点を叩き出した世界選手権2017の演技を、くりかえし見ていました(何回も見て飽きないの?とは言えず…)

ちなみに、これから実家に帰るのですが、この Fire TV Stick、そのまま持ち出せば実家のテレビに接続して続きを見ることもできます。もちろん、Wi-Fi環境があることが前提ですが、旅行先に持っていくこともできるとか。おもしろい使い方ですよね。

なんとなく、とらえどころのないデバイスの Fire TV Stick のイメージが湧きましたでしょうか。何かのご参考になれば幸いです。


B01ETRGGYIFire TV Stick (New モデル)
Amazon 2017-04-06

by G-Tools



<関連記事>
Jサポは待ってました! Fire TV Stick (New モデル)の日本発売を! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記) Jサポは待ってました! Fire TV Stick (New モデル)の日本発売を! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)




関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)