セゾン投信中野社長から若者へのエール

水瀬ケンイチ

StockSnap_WWAKZZJFU0.png

世界経済の長期的発展を信じるインデックス投資家である私にいつも力を与えてくれるセゾン投信の中野社長による、若者へのエールが NIKKEI STYLE に掲載されています。



積立王子が一喝 「みんなの危機感は甘すぎるぞ!」|マネー研究所|NIKKEI STYLE

上記コラムでは、

・親世代の生き方はもう参考にならない
・経済的不安の克服には「経済的自立」しかない

という切り口で、日本に対する危機意識と経済的自立の必要性についてとりあげ、積立投資による資産形成を説いています。

ヤング投資家よ 共に日本経済の目詰まりを正そう|マネー研究所|NIKKEI STYLE

上記コラムでは、

・金融改革は実は「じぶん事」
・20年間全く経済成長していない日本
・長期投資に最適なツールは揃いつつある

という切り口で、「長期・積立・国際分散」投資を説いています。最近の金融庁の投信改革についてもふれられています。

セゾン投信のファンドは保有していないので申しわけないのですが、10年前に中野氏がセゾン投信の社長になった時から、私は節目節目で中野氏の熱い話を聞きにいっています。なぜなら、世界経済の長期的発展を信じるインデックス投資家である私に、いつも力を与えてくれるからです。

過去にブログ記事にしたことが何度もあります。

セゾン投信共催セミナー「長期&分散で考える 投資の処方箋」参加報告 (その1)
セゾン投信共催セミナー「長期&分散で考える 投資の処方箋」参加報告 (その2)
セゾン投信&バンガード共催セミナー「忙しいあなたのためのシンプル&スマート投資」体験記(その1)
セゾン投信&バンガード共催セミナー「忙しいあなたのためのシンプル&スマート投資」体験記(その2)
『セゾン投信5周年記念「555セミナー」“個人のチカラを活かすとき”』体験レポート
セゾン投信1000億円突破記念! 当時取り下げたセゾン投信発足時の説明会レポート記事の封印を解く

口先だけの情熱なら、10年も経てばはがれ落ちてしまうでしょう。インデックス投資ブログも10年経てば、半数以上が脱落(更新停止や宗旨替え)しています。

同じことをずっと言い続けることの難しさと大変さは、私も少しはわかる気がします(当ブログも苦節12年、もうすぐ13年)。

これからも、中野氏には世界経済の長期的発展をベースにした積立投資の啓発をがんばっていただきたいと思います。

若い方々におかれましては、こういう稀有な情熱をもった意見をまずは聞いてみてください。そのうえで、自分がどうするかを考えてみてください。


P.S
いつか、ファンド・オブ・ファンズではなく、自社運用の低コストファンドをつくってほしいと願っております。

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ