楽天証券、投資信託が100円から購入可能に! さらに「楽天スーパーポイント」でも購入可能に

rakuten_sec.png

楽天証券は、2017年5月27日から、投資信託の買付が100円から可能になると発表しました。

業界最低水準!投資信託の買付が100円から可能になります! | 楽天証券 業界最低水準!投資信託の買付が100円から可能になります! | 楽天証券


・投資信託の最低買付金額を1,000円から100円に引き下げ
・楽天証券取扱いのほぼすべての銘柄が対象です。
・積立も毎月100円から設定できます。(証券口座からの積立のみ)
(上記楽天証券WEBサイトより)

100円でバランスファンドを買えば、世界中の株や債券に分散投資ができる世の中になるということです。1,000円もあれば最大10ファンドも組み合わせることができるようになります。

また、100円以上「1円単位」ということなので、少額からきめ細かく資産配分ができます。たとえば、GPIFと同じ資産配分も、1,000円で再現可能なります(国内債券333円、国内株式238円、外国債券134円、外国株式232円、キャッシュ63円)。
※資産配分はGPIF 平成28年第3四半期運用状況より

世の中には「投資はお金持ちがすることで庶民には関係ない」というイメージがあると思いますが、いまや投信が100円から買える時代になったので、もう「お金持ちがすること」とは言えません。

さらに、2017年夏を目途に、投資信託を「楽天スーパーポイント」で購入可能にするというプレスリリースも発表されています。

こちらはまだ先の話で、サービスの詳細はわかりませんが、もし、楽天スーパーポイントが100円以上1円単位で使えるのであれば、端数が余りがちなポイントを、投資という超・有効活用できるようになり、使わないうちに失効するなんてことも減りそうです。

投資へのハードルをぐっと下げて、利便性をぐっと高めてくれた楽天証券さん、グッジョブ!(韻を踏んでみました)


P.S
私もメイン証券会社としてずっと楽天証券を使わせてもらっています。なにかキャンペーンをやっていますね。以下から口座開設できます(無料)



関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)