週刊エコノミスト 2017年5月30日号はインデックス投資特集! 水瀬のコメントが掲載されました

水瀬ケンイチ

photo20170521.png

2017年5月22日発売の「週刊エコノミスト 2017年5月30日号」は、なんとインデックス投資特集です。そのなかで水瀬のコメントが掲載されました。

特集名は「今から始める長期投資」ですが、個別株やアクティブファンドではなく、インデックスファンドやETFへのインデックス投資についての特集です。

目次を抜粋させていただきます。

今から始める長期投資

20 積立NISAで広がるか 積立投資による長期運用 ■井出 真吾/花谷 美枝/荒木 宏香
22 インタビュー 積立NISAの狙い 米澤 康博 早稲田大学大学院教授
  「数多いアクティブ投信にいいものはほとんどない」
23 積立NISA 対象投信予想
24 Q&A インデックス投資の基礎知識 ■深野 康彦
26 目論見書のポイント
27 魅惑のハイリスクハイリターン<1>恐怖指数 下落局面でもうけるETF ■大山 弘子
28 資産配分 成果の9割を決める資産配分■吉井 崇裕/編集部
30 税優遇 老後資金には確定拠出年金 ■高橋 忠寛
32 意外と知らない インデックス大解説 ■市川 雅浩
35 魅惑のハイリスクハイリターン<2>レバレッジ 短期で2倍のパフォーマンス ■田茂井 治
36 インデックス投信シリーズ 信託報酬の引き下げ競争 ■篠田 尚子
38 魅惑のハイリスクハイリターン<3>アクティブ投信 運用成績の定期的確認が必須 ■編集部

(週刊エコノミスト 2017年5月30日号より)


これは先月取材をお受けしたもの(該当記事)です。使われたのは特集あたまのリード記事部分でのコメント部分です。ちょこっとだけですが、貴重なインデックス投資特集にコメントが掲載されてたいへん光栄です。

来年から始まる話題の積立NISA、その対象投信予想、インデックス投資の基礎知識、資産配分、インデックスの種類、確定拠出年金の活用など、インデックス投資のことがひととおりわかる内容になっていると思います。

記者のかたが「売れるかどうか心配」と言っていましたが、たしかに、インデックス投資は人の目を引くような「華」はありません。短期間で10倍とか100倍とか、そういう夢のある話でもありません。

しかしながら、投資が仕事でも趣味でもないふつうの人にとって、誰でもできて再現性が高い「値千金」の知識が詰まっています。雲をつかむような夢物語ではなく、実際に自分の人生で役に立つ知識というのはこういう情報なのだと思います。

ご興味があれば、書店で手にとって見てください。もしくは、以下からどうぞ。


B07236JFWS週刊エコノミスト 2017年05月30日号 [雑誌]
週刊エコノミスト編集部
毎日新聞出版 2017-05-22

by G-Tools

関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ