DC向け含めてすべてのMMFが残高ゼロに

the-eleventh-hour-2095849_640.jpg

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)が、DC向けを含めてすべて残高ゼロになり、約25年の歴史に幕を下ろしました。

MMF:25年の歴史に幕 残高ゼロ、運用難で返還 - 毎日新聞 MMF:25年の歴史に幕 残高ゼロ、運用難で返還 - 毎日新聞


日本の超低金利やマイナス金利による運用難で、MMFは数年前からどんどん取扱廃止や償還になってきましたが、一部のDC向けMMFだけは生き残っていました。

え~?楽天証券でMMF新規買付停止 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
野村MMFの繰上償還、ところがどっこいDC向けは生きている - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

しかし、そのDC向け野村MMFも、ついに先月5月末で償還されすべてのMMFの残高がゼロになりました。

「主要な投資対象を国債など国内外の公社債や譲渡性預金(CD)、コマーシャル・ペーパーなどの短期金融資産とするオープン型の公社債投資信託」(野村證券 証券用語解説集より)であるMMFは、超低リスクな投資信託として私はけっこう便利に使わせてもらっていました。

むかーし昔、大和投信委託の投信直販サービスでインデックス投資をしていた頃、入金するとMRFよりすこしだけ利回りの高いMMFにして、そのMMFから直接インデックスファンドを購入できたことを思い出します。

また、個人向け国債が3ヶ月ごとの販売だった頃、毎月の積み立てで国内債券クラスの商品としてMMFを買っておいて、個人向け国債購入待機資金にしていました。

なんとなく、ひとつの時代が終わったような気がして寂しい気がします。

とはいえ、時代とともに市場環境が刻々と変わり、金融商品もまたその姿かたちを変えていくものだと思います。

「一生付き合える商品があるべきだ」とないものねだりをし続けるのではなく、その時々でベターな商品をうまく活用して、資産形成をしていくしかないなと改めて思いました。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)