年収格差の記事を見てどう思うか?(その1)

水瀬ケンイチ

同年代社員の年収格差が広がってきているようです。

平均1.84倍。この数字が大きいのか小さいのか、僕はよく分かりません。
同じ会社の同年代で、年収が倍近く違うのはショッキングでもあり、実力主義が浸透している、例えば米国と比較すれば、この程度の格差はまだまだなのかもしれません。

【Yahoo!ニュース 2006/10/03より引用】
<年収格差>同年代社員で平均1.84倍 日能協が企業調査

 日本能率協会が3日発表した企業経営に関する意識調査で、同年代の社員の年収額には平均1.84倍の格差があることが分かった。格差が2倍以上に上る企業も4割近くに達していた。能率協会は「成果主義や能力主義が浸透した結果」と分析しており、横並びが多かった企業の給与体系にも格差が定着しつつあるようだ。
 この調査は79年から毎夏実施されて、今年は対象7000社のうち842社が回答した。今回は格差社会をめぐる論議が活発になってきたことから、「年収格差」について初めて調査した。45歳の大卒総合職(役員を除く)では、最高年収額と最低年収額の格差が2倍以上ある企業が39.8%に上った。また今後についても、「さらに格差を拡大させる」とする企業は39.8%あったが、「縮小させる」企業はわずか1%だった。【三沢耕平】
(毎日新聞) - 10月3日19時28分更新
【引用終わり】

企業の活性化の観点からは、今まで横並びが多かった日本企業の給与体系に、ある程度の格差が出てくること(=能力主義の浸透)は、歓迎すべきことなのではないかと思います。
ただし、この格差付けの目的が、総人件費の削減(および社員の目先を逸らすこと)だったとすれば、そんな企業は活性化しないと思います。
給与格差が、社員のやる気を引き出す方向に働いてくれたらいいと思います。



ところで、僕も企業に勤める社員ですが、個人的には、出世競争や年収競争には、あまり興味がありません。
(社員のやる気がどうとか言ったそばから、覇気のない話で申し訳ありません…(^^ゞ)

その人の年収の多寡よりも、「生活収支」、つまり毎月どれだけ余剰資金を生み出せているか、の方に俄然興味があります。
ここでは、収入の大きさよりも、支出の抑制が重要になってきます。お金を使うことより、抑制することの方が難しいからです。
その人が、生活の中で、どのような考えで、どのような節制をされているのか。そこに、とても興味があるのです。

仮に、僕と同じ30代で、「おれは年収2000万円だぜ!」と自慢している人がいたとします。
その人が、「宵越しの金は持たない主義だ」とか「ローンで○億円の豪邸建てたよ」などと言っていたら、それはちっとも羨ましくありません。生活収支は±ゼロ、もしくはマイナスだからです。
その人が、「あまり物欲がなくて」とか「気付いたら貯金で家が買えたよ」などと言っていたら、それは本気で羨ましいです。生活収支がプラスだからです。
きっと、「どんな感じで生活しているの?」「普段気をつけていることは何?」などと聞かずにはおれません。

同年代社員にもいろんな暮らしぶりの人がいます。
「生活収支」の格差は、おそらく1.84倍どころではないのでしょう。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ