2017年6月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品

photo20170702_graph.png

毎年2回、6月末と12月末に資産配分(アセットアロケーション)の把握をしています。

この半年の間に、世界の株式市場はまずまずだったように感じますが、数字で見ると果たしてどうなっているのでしょうか。

2017年6月末時点の資産配分(アセットアロケーション)

photo20170702.png
日本株式 10.9%
先進国株式 48.6%
新興国株式 10.3%
REIT 2.2%
外国債券 2.1%
日本債券 26.0%

世界の株式市場の上昇を受けて、株式クラスの比率が増えて、日本債券クラスの比率が3割を切っています。先日、分配金等のプール資金で、日本債券を購入し、ちょこっとリバランスしたのですが、全然足らなかったようです。

今後、日本債券クラスが3割となるように、本腰を入れてリバランスをしようと思います。追加資金だけでリバランスするノーセル・リバランスではもう間に合わないようですので、何かを売却して日本債券に回すことになろうと思います。

ポートフォリオ全体の期待リターンとリスクの水準を大きく左右するのは、日本債券クラスの比率です。細かいことはさておき、ここだけはしっかりと管理したい。

売却により含み益に課税されてしまうのは本意ではありませんが、ポートフォリオのリスクを、自分のリスク許容度の範囲内に抑える方が重要だと考えています。

<ご参考>
課税されるのが嫌なのでリバランスしたくない? - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

有効フロンティアは厳密に追い求めておらず、期待リターンとリスクをざっくりと把握しています。たいしたアセットアロケーションではないので、マネしない方がよろしいかと思います。

なお、山崎元氏と私の共著「全面改訂 ほったらかし投資術」で山崎氏が提示したシンプルな資産配分と異なりますが、株式部分の期待リターンとリスクの水準はあまり変わりません(考え方は過去記事参照)。


2017年6月末時点の主な投資商品


■日本株式
・Vanguard Total World Stock ETF (VT)の日本株式部分
・iShares MSCI EAFE ETF (EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
・日本株式インデックスe
・<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド ←積み立て中

■先進国株式
・Vanguard Total World Stock ETF (VT)の先進国株式部分
・iShares Core S&P 500 ETF (IVV)
・iShares MSCI EAFE ETF (EFA)の先進国株式部分
・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
・たわらノーロード 先進国株式 ←積み立て中

■新興国株式
・Vanguard Total World Stock ETF (VT)の新興国株式部分
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)
・野村インデックスファンド・新興国株式
・たわらノーロード 新興国株式 ←積み立て中

■日本債券
・個人向け国債 変動10 ←積み立て中

■外国債券
・日興USドルMMF(海外ETFの分配金の一時留保)


上記以外にも細かい投資商品があったりなかったりしますが、主なものは以上です。

現在の運用のメインは海外ETFです。VTやVWOといったバンガードのETFは、純資産の拡大に伴い今年も運用コスト(エクスペンス・レシオ)が下がっており、非常にありがたいです。VTが年 0.11%、VWOが年 0.14%と“超”低コストです(該当記事)。

一方で、iSharesのEFAは、日本のネット証券で初めて楽天証券で取り扱いがはじまった2007年から約10年間保有してきましたが、エクスペンス・レシオが年 0.33%と、他のETFと比べてコスト的に見劣りがしてきました。機会があれば、見直しをしたいと思います(ただし、こちらは急ぎません)。

また、以前はコア&サテライト戦略のサテライト部分として、少額のアクティブファンドも保有していましたが、現在はない状態が続いています。かわりとなる候補商品はいくつかあり、ウォッチしていますが、投資するには至っていません。


今後の投資方針


今まで同様、アセットアロケーションの把握は年2回(その際大きく変化してたらリバランス)、モニタリングと積み立て投資は月1回行ないます。低コスト、かつ、よく分散されたポートフォリオを、バイ&ホールドします。

今後、大きな下げ相場が来るかもしれませんが、ポートフォリオのリスクを、自分のリスク許容度の範囲内におさめることを重視し、投資自体にはあまり手間と時間をかけません。

のんびりいきましょう。それではまた半年後に。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しました。会社名をクリックすると口座開設(無料)できます。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任です。ご自身のリスク許容度の範囲内で。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大180,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設&各種取引で住民票取得代行+最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)