本の執筆のみで夏季休暇すべて終了

水瀬ケンイチ

PAK145152501_TP_V.png

幸運なことに現在、本を書く機会に恵まれていているのですが、今年の夏期休暇はすべて本の執筆のみで終了しました。



先ほど、編集さんに原稿(2回目)を送りました。

夏季休暇期間中ずっと自宅にこもって執筆活動をしていました。本当は、予定どおり執筆が進めば、1泊で実家に帰る予定でした。しかし、予想どおりというかなんというか、やはり進捗が思わしくなく、結局実家には帰れませんでした。

夏季休暇がなんのリフレッシュにもなってませんし、いつもこうだと嫌になってしまうかもしれません。でも、今年は特別です。「貴重な夏休みに何やってんだ?」と言われそうですが、それもこれも、めったにない本を書くという機会(しかも初の単著)をいただけたからです。

土日・祝日・休暇などの執筆中はビールを我慢して執筆に専念します。しばらくプライベートはもろもろ我慢が続きます。

以前ブログで募集していただいたリクエストにできるだけ応えられるように書いています。また、もしかしたら、テーマとして採用された方々は最終ページに「Special Thanks」として、お名前を掲載できるかもしれません。個人的には、盛り込まれる予定のマンガがどういう感じになるのか、めっちゃ楽しみです。

明日からまた仕事がはじまります。土日はまだしばらくこういう感じが続くと思いますが、粘り強く書いていきたいと思います。


P.S
執筆に没頭していると、つい水を飲むのも忘れてしまいがちですが、猛暑の折、まずいですよね。水は適時補給していかねば。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ