楽天証券がSBI証券の少額取引の手数料無料化にすぐに追随!

水瀬ケンイチ

girl-2510934_640.jpg

今朝、ブログ記事「無料、無料、無料! SBI証券が、9月から少額取引の手数料を無料へ」でSBI証券の少額取引の手数料無料化をお伝えしましたが、楽天証券がすぐに追随する内容を発表しました。



国内株式手数料大幅値下げ!いちにち定額コース「10万円まで取引が無料(0円)!」(2017年9月1日約定分から) | 楽天証券 国内株式手数料大幅値下げ!いちにち定額コース「10万円まで取引が無料(0円)!」(2017年9月1日約定分から) | 楽天証券


楽天証券も国内株式手数料「いちにち定額コース」の1日の約定代金10万円までをゼロ円としてきました。現物取引でも信用取引でもOKで、1日の約定代金合計は現物取引と信用取引を合算して計算するようです。

しかも、SBI証券が9/4から適用と発表したのに対して、楽天証券は9/1から適用と先回りするようです。楽天証券とSBI証券は、過去、手数料でがっぷり四つの値下げ合戦をしてきたので、業界最低水準手数料を相手に譲るつもりはなさそうです。

SBI証券と同様に、少額取引の国内個別株投資家に朗報であるのはもちろん、インデックス投資家としても、国内ETF(1306とか1680など)を使って積み立て投資をするかたには超・朗報です。

積み立て投資は毎月の投資金額が10万円以下におさまる場合が多いと思われるし、もし、10万円以上になる場合も、2日とか3日とかに分けて注文を出せば手数料無料になると思われます。投資タイミングにこだわらない積み立て投資家には、特にありがたいはずです。

いつかの夏のときのように、この後、値下げ合戦が延々と続く……かどうかはわかりませんが、健全な手数料競争は、投資家にとってありがたい限りです。

楽天証券さん、グッジョブ!



関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ