楽天証券がSBI証券の少額取引の手数料無料化にすぐに追随!

girl-2510934_640.jpg

今朝、ブログ記事「無料、無料、無料! SBI証券が、9月から少額取引の手数料を無料へ」でSBI証券の少額取引の手数料無料化をお伝えしましたが、楽天証券がすぐに追随する内容を発表しました。

国内株式手数料大幅値下げ!いちにち定額コース「10万円まで取引が無料(0円)!」(2017年9月1日約定分から) | 楽天証券 国内株式手数料大幅値下げ!いちにち定額コース「10万円まで取引が無料(0円)!」(2017年9月1日約定分から) | 楽天証券


楽天証券も国内株式手数料「いちにち定額コース」の1日の約定代金10万円までをゼロ円としてきました。現物取引でも信用取引でもOKで、1日の約定代金合計は現物取引と信用取引を合算して計算するようです。

しかも、SBI証券が9/4から適用と発表したのに対して、楽天証券は9/1から適用と先回りするようです。楽天証券とSBI証券は、過去、手数料でがっぷり四つの値下げ合戦をしてきたので、業界最低水準手数料を相手に譲るつもりはなさそうです。

SBI証券と同様に、少額取引の国内個別株投資家に朗報であるのはもちろん、インデックス投資家としても、国内ETF(1306とか1680など)を使って積み立て投資をするかたには超・朗報です。

積み立て投資は毎月の投資金額が10万円以下におさまる場合が多いと思われるし、もし、10万円以上になる場合も、2日とか3日とかに分けて注文を出せば手数料無料になると思われます。投資タイミングにこだわらない積み立て投資家には、特にありがたいはずです。

いつかの夏のときのように、この後、値下げ合戦が延々と続く……かどうかはわかりませんが、健全な手数料競争は、投資家にとってありがたい限りです。

楽天証券さん、グッジョブ!



関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)