ペナン島の暮らし松竹梅

水瀬ケンイチ

週刊SPA!10/10号特集「中流崩壊時代の新マネープラン」を読んでいたら、先月行ったペナン島での生活情報が出ていました。
※参考記事
2006/09/23 ペナン島がロングステイ先として人気がある理由がわかりました

特集内の「早めにリタイアして海外に移住したい」というコーナーで紹介されていた、マレーシア・ペナン島の生活費は、以下のとおりです。

ペナン島の生活費
(SPA!では、完全移住ではなく、観光ビザを更新して長期滞在する方法をすすめているので、「不在中に日本でかかる費用」が掲載されています)

記事には、「現地の人と同じ生活なら月6万円でも暮らせる」とあります。
やっぱり、ペナンでの生活費は安いですねー。僕は梅で十分!です。
ペナンでお会いした、ペナン駐在のT.Tさんの仰っていた相場感とも、ほぼ同様の内容です。

誌面では、年金海外生活ラボ代表の中西佐緒莉氏が、いろいろと解説をされています。
その中で、興味深い情報がありましたので、その言葉をいくつか引用しておきます。


  • 「『リタイアメントビザ』は、取得のハードルが高い割に、メリットが少ない。でも、日本に住民票を置いておけば、国民健康保険の『海外療養制度』を利用して、帰国後に請求することで、自己負担3割になるなどメリットがあるんです」

  • 「海外でも住居は賃貸がいい」

  • 「アジアの建築のヒドさは姉歯物件どころじゃないですよ(苦笑)。将来海外暮らしをするなら、日本にいる間も家を買わないほうがいい。身軽でキャッシュを持っているのが一番だと思います」

  • 「日本円だけで持っておくリスクは大きいから、分散させて海外に逃がしておくべき。邦銀の外貨預金は預金保険制度で守られませんが、カナダやハワイに行って現地銀行に預金すれば、その国の保険制度で守られるはずです」

  • 「海外暮らしのタイミングは、ギリギリまで日本で働いてからがベスト。1万円って海外では凄い高額ですよ。そして年1回ぐらい帰国しつつ、死ぬのは日本で、というのが理想だと思います」

いろいろなテクニックがあるのですね。
また、私たち30代の人間が、将来行く頃には、治安のいいミャンマーやラオスがおすすめとのことです。
この視点は非常に大切だと、個人的には思います。
現在は発展途上国でも、何十年もすれば、その国だって当然経済成長していくわけで、物価が上がってしまう可能性もありますから。

いずれにしても、早期リタイア生活をペナンで、という選択肢はやっぱり魅力的だなぁと思いました。


余談ですが、週刊SPA!は、ちょっとエッチな特集もありますが、時折やるマネー特集は、解説の識者も含めて切れ味が鋭いものが多いと感じます。場合によっては、マネー誌よりもよっぽど良心的な内容だったりすることがあります。
マネー誌と違って、ほとんどの広告主が金融企業ではないのが、いいのかもしれませんね。
電車の中ではちょっと読みづらいのですが…(^^ゞ
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ