金融庁が主要行に立ち入り検査へ

水瀬ケンイチ

cat-2394446_640.jpg

金融庁が、国内の主要な銀行などに顧客本位の投資商品を提供しているかどうか立ち入り検査を実施するとの報道です。



金融庁が主要行に立ち入り検査へ、顧客本位の取り組み点検-関係者 - Bloomberg 金融庁が主要行に立ち入り検査へ、顧客本位の取り組み点検-関係者 - Bloomberg


口先ばかりで内容の伴わないフィデューシャリーデューティー宣言をした金融機関は、金融庁に怒られればいいと思います。

特に、資産運用において、メガバンクは個人的にまったく信用していません。メガバンクは投信販売の手数料稼ぎなどで張り切るのではなく、決済、信用創造、金融仲介(お金の貸し借り)という本業にはやく回帰すべきだと思っています。

一方で、私たち個人も知識を付けましょう。

20~30代の若いかたは、もし銀行員に、通貨選択型&毎月分配型投信や外貨建て保険のような金融商品を勧められたら、「アホか!おのれは買っとんのかボケ」と(実際にはもう少し丁重に)聞き返せるくらいのリテラシーを身につけたいものです。


<ご参考>
【悲報】「セールス非希望」とシステム登録してもらったメガバンクから1年でセールス電話がかかってきた件 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ