NISA口座開設者は9月末までにマイナンバー登録を。締切が早いところもあるので注意!

iphone-338961_640.jpg

世間の評判があまりよろしくないマイナンバーですが、NISA口座開設者は9月末までに金融機関にマイナンバー登録しないと、2018年以降非課税で投資できなくなってしまいます。

金融庁や日本証券業協会、各金融機関でも注意喚起されています。

金融庁 WEBサイト
NISA口座をお持ちの方へ

日本証券業協会 WEBサイト
マイナンバーを提供しないとNISAが使えなくなります

これによると、もし2017年9月末までにマイナンバー登録しないと、2018年以後の年分のNISA口座は利用できなくなるだけでなく、10月以降に再登録する場合も、マイナンバーだけでなく「非課税適用確認書の交付申請書」という余計な書類も提出する必要がでてきて面倒です。

さすがに過去にNISAで投資した分は、非課税期間が終了するまで非課税の対象となるようですが、2018年以降もNISAを利用する可能性があるのであれば、マイナンバー登録しておくのがよいと思います。

たとえ、NISAを利用していなくても、来年2018年12月末までにはマイナンバー登録をすることが法令で義務付けられているので、どうせやるなら、ここらへんでやっておくのがよいと思います。

私は楽天証券で、スマートフォンアプリ「iSPEED」を使ってマイナンバー登録をしました。スマホで写真を撮って送信(スマホだけで完結)しました。証券各社によって、提出方法が異なるようですので、まだの方は再度ご確認をおすすめします。

「9月末か。目前だな……」と思って主要ネット証券各社のマイナンバー提出情報を見ていたら、締切が9月末よりも早いところがあるではないですか。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券のうち、SBI証券は締切日が9月20日とひときわ早く、実質的にもう書類では間に合わず、アップロードするしかなさそう。楽天証券も9月29日と1日早い。

注意が必要そうだったので、各社の締切日をまとめておきました。

<主要ネット証券の締切日>
SBI証券: 2017年9月20日まで(アップロードの場合は9月22日まで) (説明ページ
楽天証券: 2017年9月29日説明ページ
マネックス証券: 2017年9月30日(説明ページ
カブドットコム証券: 2017年9月30日(説明ページ
※各社のWEBサイトの説明ページより、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー作成。詳しくは各社のWEBサイトにてご確認ください。

ふだんは証券会社のWEBサイトにほとんどログインしない私のような「ほったらかし投資家」でも、NISA口座の継続のような重要な手続きは、期限内にやっておきたいところです。


P.S
マイナンバーが導入されてから、いまのところ自分自身の生活には何のメリットもないまま、単に提出の手間が増えているだけです。利用者にとってなんの意味があるのか、国や自治体はそろそろ目に見える成果を出すべきではないでしょうか 😓
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)