ウォール街のランダム・ウォーカーも50%ポイント還元! Kindleストアで「【全品50%ポイント還元】日本経済新聞出版キャンペーン」実施中

水瀬ケンイチ

pexels-photo-76942.jpeg


現在、Amazon の Kindleストアで、「【全品50%ポイント還元】日本経済新聞出版キャンペーン」を実施しています。

キャンペーンページ掲載の対象タイトルが50%ポイント還元です。期間は、2017年10月20日(金)00時00分~2017年10月26日(木)23時59分まで。そこで、当ブログの読者の皆さまにおすすめの本をセレクトしてみました。




インデックス投資のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)が50%ポイント還元キャンペーン対象です!!

定価がKindle版でも2,500円とお高い本なので、50%ポイント還元はうれしいです。未読のインデックス投資家さんは、この機会にぜひ読んでみましょう。

<当ブログでの書評>
「ウォール街のランダム・ウォーカー原著第11版」(バートン・マルキール著)が発売日に届いた!速読速報です - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)



『生命保険は「入るほど損」?!』(後田亨著)は、保険の専門家、後田亨氏の著書シリーズの主張に、アクチュアリー(保険数理士)のお墨付きがついた「集大成」版です。

<当ブログでの書評>
『生命保険は「入るほど損」?!』(後田亨著)は、アクチュアリー(保険数理士)お墨付きの後田シリーズ集大成 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)



「老後貧乏にならないためのお金の法則」(田村正之著)は、日本経済新聞の「良心」と言われるマネー専門記者だから書ける中立のアドバイスです。様々な金融商品から、医療・保険、住宅、年金、相続などの「老後のお金」のツボを、女子大生ハナちゃんと老後博士の2人の対話形式でやさしく解説してくれます。

<当ブログの関連記事>
新社会人は読むべし!社会保障や税金に関するエッセンスがギュッと詰まった良記事 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)




「投資賢者の心理学 ―行動経済学が明かす「あなたが勝てないワケ」」(大江英樹著)は、投資家全般に共通する「心のクセ」を、行動経済学の観点から解説しています。著者の大江英樹氏が日経電子版で連載していた同名の人気コラムがもととなっています。

<当ブログでの書評>
「投資賢者の心理学」は、投資家が「心の落とし穴」にハマらないための解決策まで書かれた行動経済学本 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)




「投資の鉄人」(岡本和久・大江英樹・馬渕治好・竹川美奈子著)は、4人の投資のプロの投資エッセンスがぎゅっとまとまった一冊です。最近の投資本は、結論が「インデックスファンドに投資しなさい。以上」でみんな同じような論調になりがちなところがあります(スタンダードな投資法なので、それが悪いことだとは思いませんけど)が、本書は4人の投資のプロが、それぞれの得意分野に特化した切り口で投資について書かれています。

<当ブログの書評>
「投資の鉄人」は850円+税で4人の識者の投資エッセンスが学べる - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)




インデックス投資家さんであれば言わずと知れた経済評論家山崎元氏と、女性FP岩城みずほ氏が、人生とお金の諸問題をビシバシ斬っていきます。お二人とも、歯に衣着せぬ物言いで痛快。恋愛ネタもあったりして、内容がどんどん頭に入ってきます。

***

以上、自分で読んだことがあり、内容がよかったものをピックアップしました。他にもあるかもしれないので、興味がある本を探してみてください。

最後に、「【全品50%ポイント還元】日本経済新聞出版キャンペーン」の対象はKindle版だけです。そして、セール期間は、2017年10月26日(木)23時59分までです。これはと思う本があれば、早めにポチした方がいいと思います。

<追記> 2017/10/27
キャンペーンは終了しました。再びキャンペーンがあればブログで取り上げたいと思います。ありがとうございました。

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ