海外ETF、ついにネット証券で取り扱い開始!日本のインデックス投資の夜明け!

待ちに待った、海外ETFのネット証券での取り扱いが、ついに始まります!!

【NIKKEI NET 2006/10/13より引用】
楽天証券、ネット初の米ETF取り扱い
 楽天証券は13日、19日から米国の株価指数に連動する上場投資信託(ETF)を取り扱うと発表した。米ETFの売買を受け付けるのはインターネット証券で初めてという。連動を目指すのはS&P500種株価指数とハイテク銘柄の多いナスダック100の2種類。楽天証券は米現物株式も扱うが、複数銘柄に分散投資できるETFへの要望が高まったことに応じる。同時に香港ハンセン指数、ハンセンH株指数と連動するETFも扱う。 (21:01)
【引用終わり】

この日が来るのを、どんなに待ち焦がれたことか。
「超」低コストの海外のインデックス商品が、日本のネット証券会社で、買えるようになったのです。
日本のインデックス投資の夜明けと言っても過言ではないように思います。
取り扱いが始まるのは、以下の4商品です。

I-Shares S&P500 Index Fund (Expense Ratio 0.09%・米国S&P500種指数)
NASDAQ 100 Trust Series1 (Expense Ratio 0.20%・米国NASDAQ100指数)
Tracker Fund of Hong Kong (Expense Ratio 0.10%・香港ハンセン指数)
Hang Seng H-Share Index ETF (Expense Ratio 0.60%・ハンセンH株指数)
※データはmorning starなどより

米国S&P500に連動するETFが、信託報酬0.09%ですよ、0.09%!
中国にも信託報酬0.60%で投資できます。人気の中国株ファンドであるHSBCチャイナオープンの信託報酬は1.89%ですから、その安さは一目瞭然です。
ただし、これらの海外ETFは外国株式扱いなので、購入に所定の売買手数料がかかります。しかしながら、これはバイ&ホールドで長期保有すればするほど薄められるので、運用に与える影響はほぼ無視できるレベルと言っていいと思います。
海外での実績も十分あり、僕たち個人投資家が末永く付き合える、本格的外国株式インデックス運用商品となる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

やってくれたのは、楽天証券です。
グッジョブ!!ありがとう!!
WEBサイトによると、10月19日からの取り扱い開始とのこと。
とても待ち遠しいです。
ところで、以前、海外ETFについては、2007年夏に金融庁への届け出義務が廃止される予定というニュースがありました。
※参考記事
2006/06/17 海外ETFの届け出義務廃止・金融庁が07年夏にも
これを見て、海外ETFのネット証券での取り扱い開始は、来年の夏まで待たされそうだと、僕は予想を述べていたのですが、思いのほか早く楽天証券が実現してくれました。
予想は外れてしまいましたが、おめでたいニュースに免じて、どうかお許しください (^^ゞ


<ご参考>今回取り上げたネット証券会社は以下から口座開設できます。
(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事


  





コメント

ブログ始めました

水瀬さん、こんにちわ。

国内の証券会社で海外ETFを購入できるようになるのはいいことですね。

ブログを始めました。
http://palcom-hk.blog79.fc2.com/

続けられるのかどうか不安ですが、無理のないペースで更新していくつもりです。

URLを間違えました

URLを間違えました。

http://palcomhk.blog79.fc2.com/
です。

いよいよ動き出しましたね。。。

これが世の中の注目を集めれば、ネット証券で同様に米国株を扱うEトレード証券も海外ETFの早期導入を検討せざるを得ないのではないのでしょうか。
両社の間で健全な競争が進み、手数料がもう少し下がってくればいいですねー

いいニュースですね。米国には本当に沢山のETFがありますので各社で競争してくれるとうれしいですね。Total Stock MarketとかRussell 2000とか、iSheresのglobalとかにアクセスできるようになるといいですね。

やっとたどりつきました (*^_^*)

このサイトには2ヶ月前に出会い、すっかりほれこみました。
お聞きしたいことも山のようにありましたが、とにかくインデックスファンド初心者。
とりあえず全部最初から読んでみようと毎日少しずつ読み進め、今日ようやく追いつきました。
そしてそれを祝福するようにネット証券でのETF取り扱いのニュース。
そこで質問です。

実はN証券でSPDRsを少しづつ買っているのですが、昨日購入した時は1口135.47$。
最低購入口数は10口で、計1354.70$。
手数料は国内取次手数料約定代金の1.2075%、現地手数料0.3%、賦課金0.00307%、で計1.51057%、20.46$。
楽天証券ではETFは米国株式扱いで1000株以下は1回の取引につき31.5$。
ということはN証券の方が手数料が安いとは言えないでしょうか。
水瀬さんがいつもネット証券以外は法外に高いとおっしゃってたので、どうしてもここのところがわかりません。
私、何か間違ってるのかなぁ。
真相のほど、教えていただけませんか。

楽天が海外ETF取り扱いに参入ですか~。
株は持っていても口座は持っていないのですよね・・・
早くイートレが取り扱いしてると良いのですが・・・

とにかく、最初の一歩と言う事で嬉しい限りですが、まだ残念ながらちょっと手数料的に手が出ません(^^;
Eトレといい意味での競争をして、もちょっとバリエーションを増やすのと手数料の値下げ合戦を繰り広げてもらいたいものです。

水瀬 ケンイチさん、はじめまして。

某IntelligentなInvestorさんのサイトからやってきました。
楽天証券は、本当に良い仕事をしちゃったものだなぁと思います。
でも禁断の扉を開けてしまったのでは。と毛の先程度は同情してみたりしてます(笑)
私は、BRICs関連のETFがそれえばなぁと思っています。

それでは、今後も楽しみにさせていただきます。

TBありがとうございます。

ついに米国ETFが取扱開始されましたね。
嬉しい限りです。
楽天証券のこの取組みは
日本の個人投資家にとって非常に有意義な一歩ですね。

とはいえ、まだまだ小口で購入する個人投資家にとっては
固定販売手数料の$31.5は決して安くはありませんから、
他ネット証券での取扱い開始を期待したいところです。

私もEトレード証券に期待しています。

>PALCOMさんへ

ブログ開設おめでとうございます!
PALCOMさんのブログがあったらいいなーとずっと思っておりました。
今後とも勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。

>タロットさんへ

僕もEトレにもぜひ海外ETFの取り扱いを始めて欲しいと思っております。
Eトレの方が米国株の売買手数料が5$くらい安いんですよね。

>ゲリラ1号さんへ

> Total Stock MarketとかRussell 2000とか、iSheresのglobalとか

まさに同感です。
バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドと同様の、MSCI US Broad Indexに連動するETFがほしいです。
あとは、債券のETFでしょうか。贅沢?(^^;

>フウさんへ

なんと、記事を最初から全部読んでいただいたんですか!?
ためにならないアホ記事も多いので、疲れましたでしょう?
ありがとうございました。

さて、手数料の件ですが、まず、N村證券のWEBサイトを見ますと、以下の料金が記載されています。

【引用開始】
外国の有価証券市場での取引
※国内での売買手数料
71,000円以下の場合 売買金額の10.5000%
71,000円超75万円以下の場合 7,455円
(中略)
●国内での売買手数料の他に外国の有価証券市場での取引にかかる手数料、税金等が必要となります。
【引用終わり】

フウさんが10口購入されるとしたら、手数料7,455円。もうこれだけで31.5$(約3,600円)をとっくに超えているように思います。
それに、外国の有価証券市場での取引にかかる手数料、税金等が加わるとのことですから、N村證券の方が楽天証券よりも手数料が安いということはないのではないでしょうか。

僕自身、N村證券に口座を保有しているわけではないので、詳しくはわかりません。
どなたか、N村口座保有の方で、お分かりになられる方、いらっしゃいませんでしょうか?

>BeautyBabesさんへ

楽天の株主さんなんですね。
Eトレにも取り扱いを始めてほしいですよね。
Eトレ株主の方に、IRへ要望してもらいましょうか?(^^)

>オサーンさんへ

僕はこの手数料なら、動こうかと思っています。
ポートフォリオを一気には動かせませんが。。。

>青物横丁のabitaさんへ

はじめまして。Itoさんのところからですね?(^^)
よろしくお願いします。

僕も「禁断の扉」だと思います。
なにせ、大半の既存インデックスファンドの競争力が一気に落ちますからね。
ただし、「禁断」だと思っているのは、日本の金融機関だけで、世界ではこれが標準なんだと思います。
遠慮することなく、堂々と利用しちゃいましょうよ!(^^)

>assetsさんへ

たしかに、小口だと手数料負けしてしまうかもしれません。
僕も買う時にはドカっと一気に買うと思います。
まあ、イニシャルで3,600円くらいですから、ある程度の資産規模で長期保有すれば、無視できるレベルだと思います。

水瀬さん
TBおよび貴重な情報をいち早くありがとうございます。
私もネット証券による海外ETFの取り扱いは来夏以降と踏んでいたので、バンガードのファンドを既に買っていました。でもノーロードだし、アメリカ株も上昇したのでよかったと思います。
個人的には、利用しているマネックス証券で取引できるようになればありがたいです。

水瀬様、お返事ありがとうございます。
水瀬さんの熱烈ブログフアンとしてはネットの中のスターから直接声をかけて頂いたようで、夢のようです。
私が最初から読ませて頂いた理由は、どのコメントも読み逃せないと思ったからです。
もちろん、トラックバックをたどり、オサーンさんのブログもrennyさんのブログもバニラコークさんのもそれこそここに登場されている方々のブログも拝見させて頂きました。
で、出た結論はこんなに研究をされていらっしゃる方々がこれが一番!と言われるならやっぱり一番だろうと。
実に他力本願です。
あ、もちろん推薦本も一生懸命読んでます。
SPDRsの手数料のことなのですが、私の使っているのはN興証券で、担当者にかかった費用を聞くとやっぱり20.46$なんですよ。
何か落としているのかなー。
ドルの方はMMFに以前送金してあったものをそのまま使っているので、現在の為替は気にならず。
合理的と思ったんだけれど、どうなんだろう。
N村証券とそんなに差があるとも思えないし。
う~ん、やっぱりわからない。

TB&コメントありがとうございます。

水瀬さん。どうも!
TB&コメントありがとうございます。
楽天証券ついに海外ETFの取り扱い始めましたか?
日本の個人投資家にとって朗報ですね。

しかし私の場合、日本非居住者ですので
日本のネット証券がどれだけ便利になっても
あまり興味がないのが現状です。
日本で新規口座開設、新規投資ができませんから。。
とりあえずBOOM証券でがんばります。

>フウさんへ

あ、N村じゃなくて、N興の方でしたか(笑)
N興コーディアル証券(伏せ字の意味なし)のWEBサイトを見てみました。
http://www.nikko.co.jp/service/fee/index.html
たしかに、
『100万円以下 1.2075%』
と書いてありますが、その上に、
『最低手数料 最低:5,250円』
とあります。20.46$の計算には、この観点が抜けているんじゃないかと思われるのですが、いかがでしょうか。

まさか、N興コーディアル証券の担当者が計算間違いをしているとは思えませんので、海外ETFの場合は最低手数料を適用しない決まりでもあるのかもしれませんね。
もしそうであるならば、小口の海外ETF購入は、N興コーディアル証券の方が有利な場合もあり、相当使える裏技情報になるのですが…。

もしよろしければ、その担当者さんに、「最低手数料は適用されないの?」とご質問いただけないでしょうか。


>スマイリーさんへ

遅ればせながら日本の投資事情も少しずつ香港などの投資先進国に追いついてきたかも、ということをお伝えしたかったもので…お気を悪くされたなら申し訳ありませんでした。

>masaさんへ

一見高そうな山ですが、最長のコメントは自分のコメントだったりします(^^;;

TBありがとうございました。

ついに海外ETFが始まりましたね。まだまだ銘柄は少ないですが、マネックスやEトレードなど他のネット証券がこれに追随することを期待しています。
個人的には、欧州(全体と各主要国それぞれ)と韓国、シンガポール、BRICsのインデックスがほしいです。
・・って、始まったばかりなのに、随分わがままですね(笑)

了解しました。
週明けに確認してみます。
裏技だといいなー。

しかし

みなさんがどのようなETFを購入するかは大変興味があります。
今後ともよろしくお願いします。

わぁ~コメントすごい。さすが人気ブログ♪
こんばんはです。
海外ETFですか♪いいですねっ楽天証券の口座もあるし。うしし。
でも投信に関しては、こんなに水瀬さんの記事を読んでいても
ど~にもまだんーーと躊躇することがちらほらあって、
あまり大きくは投資できないです・・・。
いつか水瀬さんとお会いする機会でもありましたら、
うまいこと洗脳してほしいところですよっ(笑)

日興

日興コーディアル証券で10口ずつSPDRs買っています。
最低手数料5,250円は適用されません。円で買うと手数料はこみこみで3千円くらいです。

店舗に行く手間を考えるとそれでも楽天の方がお得かも。

競争激化してほしいですね。来週日興行く予定なのでプレッシャーかけてきます。

市民さん、よかったー。
以前このブログで確かN興でSPDRsを買ってらしたなーと思って市民さんのブログも拝見していたので
市民さんに直接このことをお尋ねしようかどうか迷っていました。
そうなんです、N興の取引明細を見ても最低手数料はかかっていないので
年末まとめて請求が来たらどうしようと思っていました。
ドルが安いときにMMFに換えておくとN興でも安いと思います。
で、私はすべてドル決済で注文は担当者に電話でお願いしています。
最初はかなり珍しがられました。
HPにのってないということはN興もあまりこれを売りたくないのかな。
手数料に関しては個別にお問い合わせくださいだものね。
私も競争激化でネットで買いたいな。
頑張れ、ネット証券という感じです。

もうすでに随分盛り上がってますね。
楽天証券に直接要望を出してくださった皆さんには感謝したいところです。それが結構効いたのではないでしょうか?
手数料がまだだいぶ割高なので私はもう少し様子を見たいところですが。私もマネに要望出してみようかな。

上では触れられていないようですが、日興で海外ETF買うには外国証券取引口座管理料が別途必要だと思います。1年で3150円、3年だと7560円のようです(以前の水瀬さんの記事では触れられていたような気がしますが・・)。
楽天証券の口座管理料が無料ということを考えるとバカにならない金額ですね。
ちなみに私も日興に口座持ってますが米ドルMMFしか買ったことしかありません。

遅ればせながらTBありがとうございました。メインで使っているマネックスで取り扱いを開始してくれると嬉しいのですが、米国株式の取り扱いが無いので難しいかもしれませんね。ネット証券で取り扱い開始の可能性が一番高いのは米国株式取り扱いのあるイートレでしょうね。

もっと扱いが広がればうれしいですね

こんにちは。
トラバ&情報ありがとうございます。

今回の取り扱い開始を意地悪く見ると、
「アメリカの相場がこのところ上昇傾向だから、ここで販売開始するのが好都合だ!」
なんて判断したのかな、なんて思うのですが(笑)、いずれにせよ、私たちにとっては非常にうれしいことです。

そして、このような商品の扱いが他社にも広がることを望むばかりです。

コメントありがとうございます。

確かにかなり安い手数料ですね。
いざ買うとなれば、海外口座で買うのがいいのか、日本口座で買うのがいいのか、迷うところではありますが・・

日興証券に電話しました。
SPDRsにかかる手数料は国内取次手数料約定代金の1.2075%、現地手数料0.3%、賦課金0.00307%、でやはり計1.51057%でした。
水瀬さんの想像されたとおり、海外ETFの場合は最低手数料を適用しないそうです。
ただし、YOSHIさんの言われるように外国証券取引口座管理料が別途必要です。
1年で3150円、3年だと7560円です。
もちろん除外対象条件もあります。
私は外国債券を以前から持っていたので、SPDRsを購入する時にこれを考えませんでした。
費用もそうなのですが、うちのほうは田舎なので日興でこれを購入する時かなり珍しがられ、それが気になります。
ネット証券で気軽に買えたらいいなと思います。

>空色さんへ

欧州のETF、ほしいですよねー!!
今の日本には、欧州のインデックス商品がほとんどないように思いますから。

>フウさんへ

いろいろ調べていただき、ありがとうございました!
感謝いたします。
日興コーディアル証券を使った海外ETF投資は、場合によっては有力な投資法になりそうですね。
関連記事を書きました。お暇なときにでもご覧下さい。

>スマイリーさんへ

僕としては、QQQQはパスして、まずはIVVですね。
買い方は、別に記事にしたいと思っています。
他の方はどうなんでしょうね。

>こぎぱおさんへ

洗脳なんておそれ多いですよ。
人それぞれ、得意な投資法で儲けていただければいいと思っています。
逆に、僕の方が洗脳されて、ちょこっと株投資を始めるかもしれません(^^)

>市民さんへ

貴重な情報、ありがとうございました。
教えていただいた情報をもとに、関連記事を書きましたので、お手すきの時にでもご覧いただけたらと思います。

>YOSHIさんへ

マネックスが海外ETF。今現在は米国株式の取り扱いがないので、難しい面もあるかもしれませんが、顧客の意見を聞く耳を持っているので、要望する価値はあると思います。

>rennyさんへ

Eトレが最有力ですね。
5ドルくらい手数料が安いので、こちらの方がうれしいです。
欲を言えば、欧州ETFやEAFEのETFを取り扱ってくれると、最高です。

>たけくらべさんへ

最近の上昇を見ていると、米国市場は、追加投資しづらい感じはしますが、今後更に上がるか下がるかは、誰にも分からないはずですので、知らんぷりで投資しようと思っています。

>bistrostocksmanagerさんへ

日本にお目当ての商品があるのなら、税制面、対応面を考えて、日本の金融機関で買われるのが良いと僕は思います。
特に税金は、日本口座は今なら10%ですが、海外口座では20%です。

真打ち登場? Eトレから重要なお知らせ

はじめまして。楽天さんの怒濤の拡充ですっかり、Eトレには興味が薄れていましたが、メッセージボックスに嬉しい便りが届いてました。

ーーここからーー
「外国証券取引口座約款」一部変更のご案内
重要なお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたび次のとおり「外国証券取引口座約款」を一部変更させていただくこととなりましたのでご連絡いたします。

(変更の概要)
今般、弊社は新たに海外ETF(海外上場投資信託)のお取引を開始しお客様に提供するにあたり、お客様に対する通知の方法について、お客様の利便性等を考慮し柔軟な対応を可能とするため、「外国証券取引口座約款」の一部変更を行います。
ーーここまでーー

いよいよ、登場真近って事ですかね。
個別の商品群のアナウンスはまだですが。

自由競争は歓迎です。投資家の為にも。
手数料が現行のままなら、米株手数料はEトレの方が安いから期待。
もっとも、zecco.comなら、無料ですが。条件はあるにせよ(苦笑)

はじめまして、桐原と申します。
大変役立つ記事が多く、参考にさせていただいています。
私のブログに記事の引用をさせていただきました。
http://kuriyamasimon.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/etf_242f.html
どうぞよろしくお願いいたします。

>桐原涼さんへ

はじめまして、桐原涼さん。
コメント&トラックバックありがとうございました。

海外ETFは、低コストで、運用側の恣意が入る余地が少ない、シンプルな投資商品だと思います。
僕たち日本の一般庶民にとって、長期的に付き合える有力な投資商品になりうる可能性を持っているので、注目しております。

桐原さんの何かのお役に立ったのであれば幸いです。
よろしければ、また遊びにきてください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券で海外ETFの取扱い開始

ついにインターネット取引で海外ETFが購入できる日がやってきました。以下、引用記事です。引用:NIKKEI NETよりhttp://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061013AT2C1302U13102006.html楽天証券、ネット初の米ET

騰落率など(バニラコーク3号 2006/10/13)

このブログのSpxさんのコメントや水瀬ケンイチさんのブログでも紹介されているとおり、楽天証券が海外ETFの取り扱いを開始する事になりました。このバニラコーク3号には日本株のETF、外国株式のインデックスファンドなどが組み入れられていますが、将来的には外国株式のETF

楽天証券、外国株式ETF販売開始!

楽天証券が、19日より4種の外国株式ETFの販売を開始すると発表した。外国株式ETFは、外国株式の各インデックス(ダウ平均やS&P500等)に連動したファンドで、通常の外国株式インデックスファンドよりも信託報酬が安いため、長期投資には有利だ。しかし、

楽天証券が海外ETF取り扱いを開始!!

日経新聞を購読していないので、みなさんのブログを拝見して知りました!ビッグニュースですね。海外ETF、ついにネット証券で取り扱い開始!日本のインデックス投資の夜明け!(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)楽天証券、外国株式ETF販売開始!(ris)楽天証券で

雑感

 北朝鮮の核実験問題があり、各国で制裁について言及しています。「有事のドル」説が効いたのか、米ドル・円が一時120円近くまでいきましたね。米国のホンネ(優先事項)は「イランへの波及阻止」。まずは北朝鮮が二次実

遅ればせながら。。楽天証券が海外ETF発売を開始!

10月19日から楽天証券が海外ETFの販売を開始して一週間がたちました。私は発売数日前にようやく知ったんですが(汗),リンクさせていただいているブログでも話題騒然だったようです^^;これにより超低コストで海外株

海外ETFについてマネックス証券にメールしてみたのさ

先月楽天証券が海外ETFの取り扱いを始めて話題をさらいました。そして,今後どの証券会社が追随するのかが注目されてます。そこで,先日私が利用しているマネックス証券は海外ETFを扱う予定があるのかどうが,お客様センター

外国ETFに新展開か!?

本日注目すべき記事を目にしました。早速以下に引用してみます。以下引用東証:海外提携協議 将来像、欧米株連動のETF上場も東京証券取引所がニューヨーク証券取引所(NYSE)や欧州の証券取引所「ユーロネクスト」な

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)