海外ETF購入の裏技!?

先日、楽天証券がネット証券初の海外ETFの取り扱いを開始するというニュースについて、記事を書きました。
※参考記事
2006/10/14 海外ETF、ついにネット証券で取り扱い開始!日本のインデックス投資の夜明け!
うれしいことに、読者の方からたくさんのコメントをいただいたのですが、その中で、海外ETF購入の裏技とも言えそうな、ちょっといい情報を教えていただきましたのでご紹介します。

それは、『小口購入の場合は、楽天証券よりも日興コーディアル証券の方が、安く海外ETFを購入できるケースがある』という情報です。

日興コーディアル証券といえば、言わずと知れた大手証券です。
たしか、大手証券の中でも海外ETFの取り扱いをいち早く始めた(2003年)証券会社だったと思います。
この時も僕はよろこんだのですが、大手証券のご多分に漏れず、売買手数料が非常に高く(WEBサイトで確認)、僕のような弱小個人投資家にとっては、せっかくの海外ETFの低信託報酬が活かせない状況だと思っていました。

問題の証券大手の日興コーディアル証券の海外ETFの売買手数料は、

最低手数料 5,250円
100万円以下 1.2075%
100万円超 200万円以下 0.9450%+2,625円
200万円超 300万円以下 0.8400%+4,725円
300万円超 400万円以下 0.7875%+6,300円
…(中略)…
※この他に現地手数料、現地賦課金がかかる

です。(データは日興コーディアル証券WEBサイトより・10/17現在)

これに対して、今回、海外ETFの取り扱いを新たに開始する、楽天証券では、海外ETFの売買手数料は、

1000株まで、定額で31.5ドル(約3,800円・1ドル=120円で計算)

です。(データは楽天証券WEBサイトより・10/17現在)

日興コーディアル証券の手数料は、最低手数料で5,250円、仮に100万円分買ったら12,075円もします。しかも、この他に、若干ですが現地手数料・賦課金というのがかかるそうです。
それに対して、楽天証券は31.5ドル(約3,800円)。仮に100万円分買っても、31.5ドルぽっきり。
やはり、楽天証券の方が安いじゃん……と思ってました。
しかし……
実際に、日興コーディアル証券で海外ETFを購入している読者の方によると、なんと、海外ETFの場合は、最低手数料が適用にならないそうです。

その読者の方が、海外ETF(SPDRs・S&P500に連動するETF)を、10/13に購入した時は、1株で135.47ドル。日興の最低購入口数の10株を購入して、計1354.70ドルだったとのこと。
手数料は、上記料金表の100万円以下で1.2075%、現地手数料0.3%、賦課金0.00307%、で計1.51057%。1354.70ドル×1.51057%で、手数料は合計20.46ドルになったそうです。

最低購入口数の10株で手数料20.46ドルなら、楽天証券の定額31.5ドルより安いじゃないですか。
ちなみに、20株だと手数料40.93ドルで、逆に、楽天証券の定額31.5ドルの方が安くなりそうです。

つまり、『小口購入の場合は、楽天証券よりも日興コーディアル証券の方が、安く海外ETFを購入できるケースがある』というわけです。
なんだか信じられない感じがしますが、こんなこともあるんですね。

ところで、僕は販売手数料なし(ノーロード)の投資信託については、小口で頻繁に買いますが(ドルコスト平均法など)、売買手数料がかかる株式やETFについては、ある程度まとまった金額でドーンと買うことが多いです。
個人的には、その方が有利だと思っているので、この裏技はあまり使うことはないかなぁと思います。

しかしながら、商品の買い方については、環境や考え方によって、人それぞれいろいろあり得ると思います。
場合によっては、かなり使える裏技なのではないでしょうか。

フウさん、市民さん、貴重な情報提供、ありがとうございました!!


<ご注意事項>
ただし、以下の点にもご注意ください。
・日興コーディアル証券では、上記手数料のほかに、外国証券取引口座管理料が年間3,150円かかります。
・さらに、日興コーディアル証券では、為替手数料が1ドルあたり片道50銭かかります。(ちなみに楽天証券では片道25銭と安い)
・水瀬は日興コーディアル証券には口座を保有しておりません。WEB等で情報を確認してはおりますが、実際には、もっと他にも留意事項があるかもしれません。実際に取引をされる際には、ご自分でご確認いただくことをおすすめします。
関連記事


  



コメント

為替手数料、スプレッドもコストを見る上で大切ですね

1万ドル買うとなれば、レートが1円違えば一万円違うんだから・・・

同じタイプ

>水瀬さん
取り上げてくださってありがとうございます.

フウさんと私はかなり近い経緯で日興の海外ETF買っているようですね.

日興の魅力は条件の良い長期ドル建て債券を扱っている.この一点に尽きるといっても良いくらいです.

どうせ外国証券取引口座管理料取られているし,米国債券買うためのドルMMFも持っているし,海外ETFも買おうかなっと.

ネット証券で日興並に条件の良いドル建て債券が買えるようになったら…いやそれはそれで幸せ.

市民さんに同じです。
米国債権の利息もドルで受け取ってMMFへ。
それを円に変えず、まわしています。
ネット証券に口座を開いたのはつい最近です。
これからネット証券がどんな商品を出してきてくれるか楽しみです。

>為替さんへ

為替手数料、スプレッドは、あまり目立たないですけど、実は影響が大きいですよね。
気をつけたいと思います。

>市民さんへ

こちらこそ、ありがとうございました。
債券などをもともと日興で買っている方なら、抵抗はないのでしょうね。
こんなに有利な面もあるなら、もっと前面に押し出して訴求すればよいのにと思うのですが、もったいないと思ってしまいます。
売り手としては、あんまり儲からないのでしょうね。

>フウさんへ

為替さん、市民さんにコメントを書いている途中に、コメントをいただいたようです(^^)
大手証券は、外国債券の利息や売却益を、すぐに円転しないで外貨MMFで保有しておけるのがいいですよね。
外国債券だけが、大手証券の存在意義だと思っていたくらいですもの。(^^)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-148.html

トラバありがとうございます。

僕は日興には口座持っていなくて、手数料それほど安いとは知りませんでした。タメになるなぁ~

あと、日興だと月々のファンド積み立てが、1万円以上ですが、それぞれのファンドの最低額は1000円単位で組み合わせできるみたいですね。最多10種類を1万円でポートフォリオ組めるわけです。ただ、その対象となるファンドがどれもこれも魅力にちょいと乏しいような・・・

で、日興の営業の方がよくみえるんですけど、海外ETFやファンド積み立てについてはまったく知らなかったようです。会社も力を入れてないんでしょうね、話に出るのは、ベストナインやロックフェラー云々ばかりです。

>オサーンさんへ

1万円の中で1000円単位で組み合わせができる!?
そんな仕組みもあるんですか。
うーん、日興コーディアル証券、侮れない。。。
大手証券にしておくには勿体ないですね(?)

香港BOOM証券 購入可能ETF 706本

水瀬さん。どうも!
TBさせていただきました。
香港のBOOM証券では海外ETFが706種類購入可能です。
BOOM証券のHPでパフォーマンスランキング確認できます。
5日、1ヶ月、3ヶ月、1年。
私は良く利用しています。
興味のある方はBOOM証券に口座を開設してみてはいかがでしょうか?

BOOM証券で取り扱っているETFですが、去年までは、確か、300種類程度だったので、さらに400種類ほど増えたことになります。

日本で事態が進展しないのであれば、アメリカ又は香港の証券会社に口座を開設してもよいのではないかと思います。

>スマイリーさんへ

トラックバックありがとうございました。
706種類とはすごいですね。
お目当てのアセットクラスに低コストで投資できることでしょう。
あとは、外国語と税制の違いを乗り越えられるかですね。

>PALCOMさんへ

以前、ご教示いただいた条件を満たした方であれば、外国証券口座もいいのでしょうね。
僕はまだ条件を満たしてませんが。。。(^^ゞ

日興のETF

こんにちは。 日興の海外ETF,ものすごく興味があったのですが、手数料の計算が解りづらくて躊躇してました。
安く買える場合もあるんですね。
具体的な手数料金額が出てて参考になりました!
ありがとうございます。

市民さん>市民さんのところも参考にしてます(笑)
 ハンター×ハンター好きってこともあるんですけど^^;

>地味ぃさんへ

何かのご参考になったのなら幸いです。
と言っても、この情報は読者様より寄せられた情報で、僕独自の情報ではないんですけどね(^^ゞ

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

バニラコーク4号(2006/10/16)

楽天証券が米国や中国(香港?)株式指数連動型のETFを出すという話があちこちのブログ、掲示板に書かれています。これもネット効果なんでしょうね。そもそもこれだけ個人投資家がネットで意見交換をするようになっていなければ、外国株式指数連動型のETFが欲しいというニーズ

BOOM.COM-GLOBAL ETF CENTER ランキング

BOOM.COMTop 10 Performing ETF Ranked by 5-Day Return資源・鉱物系ファンドが元気になり始めていますね。ほしかったETFが軒並みランクイン!●今後新規購入を狙っている商品 2006年06月29日今後、どうなるか楽しみです。それにしても円安どうにかなりませ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)