「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評(その5) なるたくさん

syohyo_okane.png

拙著「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評をピックアップ。その5は、ブログ「低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors」のなるたくさんです。ありがとうございます。

個人投資家目線で書かれたインデックス投資の新たなバイブル。—『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ著) | 低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors 個人投資家目線で書かれたインデックス投資の新たなバイブル。—『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ著) | 低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors


本書の特徴として、第1に終始一貫して個人投資家目線で書かれていること、第2に下落相場の対処法や考え方が書かれていることと評価していただいていました。

第2は、下落相場の対処法や考え方が書かれていることです。
私も何度かマイナスの評価損になったときに、水瀬ケンイチさんのブログを読んで、落ち着いた経験があります。
じつは、この下落相場の考え方が書かれた本は非常に少ないのです。というか、水瀬ケンイチさんの著書以外では、私は見たことがありません。
第4章に書かれている下落相場の考え方が、長期投資での「シートベルト」になります。これは本当です。下落相場になればわかります。

個人投資家目線で書かれたインデックス投資の新たなバイブル。—『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ著) | 低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investorsより)


下落相場の対処法や考え方については、言われてみれば、他の投資本ではあまり見ないかもしれません。

下落相場の考え方は、リーマン・ショックの大暴落をフルに食らった経験のなかで、ただの知識から自分自身の血肉となったように思います。

できるだけリアリティをともなった形で伝えたかったのですが、うまく伝わって長期投資の「シートベルト」になってくれたらいいなと思います。

なるたくさん、素敵な書評を頂き、ありがとうございました。




関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大25,000ポイント獲得キャンペーン実施中(2018/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2018/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)